FANDOM


テンプレート:文学理由』(りゆう)は、宮部みゆきの長編推理小説。朝日新聞夕刊に連載。一家四人が高級マンションで殺された事件を、何十人もの人物を登場させ、ドキュメンタリー的手法で追う。直木賞受賞作。『火車』、『模倣犯』とともに並び称される、宮部みゆきの代表作の一つ。

内容 編集

荒川区の高級マンション「ヴァンダール千住北ニューシティ」(1991年築 荒川区南千住6 アクロシティを舞台として使用)のウエストパークで、一家四人が死体で発見された。一人は転落死で、残りは何者かに殺されたようであった。ところが、殺されたのは、事件があったウエストパークの2025室に住む小糸一家ではなかった。誰が誰を殺したのか、事件は如何して起き、何が残ったのかを追う。

一見事件とは無関係な人物にも目を向け、さまざまな角度から事件を考察し、次第にあぶりだしていくという、ドキュメンタリー的手法が使われている。

解題 編集

  • 初出 1996年9月2日から1997年9月20日「朝日新聞」夕刊
  • 単行本 1998年、朝日新聞社
  • 文庫 2002年、朝日文庫
    • 二次文庫 2004年、新潮文庫(新潮文庫に収められたのは、同文庫に著者の代表ミステリーが多数入っていたからという、宮部からの願いであった。大林宣彦監督による映画化という相乗効果もあった)

映画版 編集

2004年4月29日WOWOWドラマWとして放送された後、同年11月にロードショー公開。

2005年には日本テレビ系のDRAMA COMPLEXにて、「架空の報道特番」という形に一部再構成したものが放映されている。実在のアナウンサーが報道スタジオから事件(番組の中では本当にあった事件で、『理由』もノンフィクションという設定)について説明するシーンがあるが、ギャグやテロップなどをいれて実際の報道番組と間違えられないよう工夫がなされている。

「架空の事件へのルポルタージュ」という原作の特色を忠実になぞっている一方、「映画化」すらも作中の描写のひとつとしてしまうメタフィクションでもある。

キャスト 編集

ほか(順不同)

スタッフ 編集

外部リンク 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は理由 (小説)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki