FANDOM


生きる
200px
監督 黒澤明
製作 本木莊二郎
脚本 黒澤明
橋本忍
小国英雄
出演者 志村喬
金子信雄
関京子
音楽 早坂文雄
撮影 中井朝一
編集 岩下広一
公開 1952年10月9日 Flag of Japan
上映時間 143分
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
IMDb
  

生きる(いきる)は、1952年日本映画黒澤明監督作品。志村喬主演。

概要 編集

数ある黒澤明監督作品の中でも、そのヒューマニズムが頂点に達した作品と評価される名作。時代劇の印象が強い黒澤の、現代劇での代表作である。

その題名通り「生きる」という普遍的なテーマに真っ向から切り込んだ作品であると同時に、官僚・役人への痛烈な皮肉を含むという二面性を持つ作品でもある。志村喬がブランコをこぐシーンは日本映画史上に残る名シーンとしてよく知られている。脚本には、レフ・トルストイの「イワン・イリイチの死」が下敷きにされており、作中にそれを暗示するせりふも盛り込まれている。

1948年酔いどれ天使に出演以降、1965年赤ひげまで黒沢映画の看板役者であった三船敏郎が、その期間の間に唯一出演していない作品としても知られている。

黒澤明はもともと東宝の監督だったが、東宝争議の影響で独立プロ「映画芸術協会」を設立し、他社で『野良犬』『羅生門』などを撮り、1951年には松竹で『白痴』を製作した。労働争議が収束した1952年に黒澤は東宝へ戻り、20周年企画の映画として『生きる』を製作した。

黒澤は作中で積極的に流行歌を取り入れているが、「生きる」では作中に絶望した初老の主人公が口ずさむ歌として「ゴンドラの唄」が選ばれた。「ゴンドラの唄」は吉井勇の作詞、中山晋平の作曲で1915年に芸術座の第5回公演ツルゲーネフ「その前夜」の劇中歌として用いられ、のちに流行歌となった。

1953年度のベルリン国際映画祭第4回)においてベルリン市政府特別賞を受賞した(日本では銀熊賞を受賞したとされることがあるが誤り)[1]

ストーリー編集

テンプレート:ネタバレ 市役所に勤める渡辺勘治は日々無気力に過ごしていたが、ある日自分が胃ガンで余命が少ないことを知る。絶望の果てに自分の無意味な人生に愕然としていた時、奔放に生きる部下の小田切とよと出会い、力強く生きる姿に心を動かされる。そして無意味に感じていた自分の職場で意味を見つけ、「生きる」ことの意味を取り戻す。

キャスト編集

  • 以下の3人は、-特別出演-としてクレジットされている。
  • 市村俊幸 - ジャズバー・ピアニスト
  • 倉本春枝 - ジャズバー・ダンサー
  • ラサ・サヤ - ヌード・ダンサー

特記事項 編集

  • 作中に引用された『トウ・ヤング』『カモナ・マイ・ハウス』などアメリカのポップスの著作権をめぐってトラブルが起こり、リバイバル上映が1974年まで出来なかった

リメイク 編集

テンプレート:Commonscat

松本幸四郎主演。物語の舞台は現代(2007年)に設定されており、それに合わせて一部の登場人物や、終盤にかけての話の流れが変更されている。

脚注 編集

  1. Special Prize of the Senate of Berlin. 参照:山本英司「徒然映画日記 考えるネコ」第61回「生きる」
  2. 「黒澤明監督の「生きる」が米でリメイク」、ZAKZAK、2002年11月17日
  3. 「ジム・シェリダン、『生きる』リメイクへ」、シネマトゥデイ、2004年9月15日


cs:Žít de:Einmal wirklich lebeneo:Ikiru (filmo) fi:Ikiru – tuomittu fr:Vivre (1952) it:Vivere (film 1952) ka:ცხოვრება kn:ಇಕಿರು pt:Ikiru sv:Att leva (1952)

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は生きる (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki