FANDOM


男はつらいよ フーテンの寅』(おとこはつらいよ フーテンのとら)は、1970年1月15日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの3作目。

あらすじ 編集

旅先での的屋稼業も一段落して故郷柴又に帰ってきた寅次郎。帰ってきて早々、突如として寅次郎に結婚話が持ち上がる。本人もすっかりその気になったが、一騒動あった末結局破談に。これが原因でおいちゃんと大喧嘩した寅次郎は再び旅に出た。旅先の伊勢で病に倒れた寅次郎は、そこでお志津さんという温泉宿の女将に出会い、手厚い看護を受ける。労を惜しまぬ献身ぶりに感激した寅次郎は、病が癒えてからも湯の山温泉に留まり番頭として女将のために一生懸命働くのであった。女将にゾッコン熱を上げた寅次郎は、いつしかこのまま一緒に暮らせたらという夢を思い始めるのだが、夢は夢でしかないのであった。森崎東監督作品。


キャッチコピー 編集

さあて、お立ち合い!春だねえ、お立ち合い!この寅さんに縁談が舞い込んだ!帝釈天のご利益とガマの油の効き目だねえ!お立ち合い!

スタッフ 編集

キャスト 編集

ロケ地 編集


記録編集

  • 観客動員:52万6千人
  • 興行収入:1億2千万円
  • 上映時間:89分


テンプレート:Navbox generic

テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は男はつらいよ フーテンの寅にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki