FANDOM


男はつらいよ 寅次郎夢枕』(おとこはつらいよ とらじろうゆめまくら)は、1972年12月29日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの10作目。


あらすじ 編集

寅次郎が旅先から帰ってみると、幼馴染の千代(八千草薫)が美容院を開業していた。「お千代さん」と再会した寅次郎は、その美しさにたちまち友達以上の感情を抱くようになり、暇を見つけては千代との逢瀬を楽しんだ。ところが、とらやに間借りしている大学教授(米倉斉加年)も密かに「お千代さん」に好意を抱いていたことが発覚。しかも、大学教授が御前様の甥っ子だったことで、話はどんどんややこしくなっていく。「私、寅ちゃんとなら一緒に暮らしてもいい」奮闘篇に続きプロポーズされるが…。

国鉄の「ディスカバージャパン」のキャンペーンポスターにもなった作品。

キャッチコピー 編集

さくら、兄ちゃん惚れられるなんて世の中さかさまだよなぁ……

スタッフ 編集

キャスト 編集

ロケ地 編集

記録 編集

  • 観客動員:211万1千人
  • 興行収入:7億6千万円
  • 上映時間:98分

テンプレート:Navbox generic テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は男はつらいよ 寅次郎夢枕にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki