FANDOM


男はつらいよ 望郷篇』(おとこはつらいよ ぼうきょうへん)は、1970年8月26日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの5作目。

あらすじ 編集

おいちゃんが死ぬ夢を見てハッと飛び起きるシーンから始まる。旅先の北海道で極道者の仲間の悲しい末路を目にした寅次郎は、その姿に自らの行く末をダブらせ、暗澹とした気持ちになる。「心を入れ替えて堅気になろう」と一大決心した寅次郎は、浦安の豆腐屋に住み込みで働き始めた。豆腐屋の娘で、近所の美容院で働く節子(長山藍子)は明朗快活、おまけに気風もいいことから、またしても寅次郎は恋の虜に。なんとか節子の気を引こうと、朝早くから汗と油にまみれて一生懸命働くのであった。まじめに働いているという知らせを受けたとらやのおいちゃん達は、寅次郎が改心したことを心底喜んだのであるが、所詮寅次郎に堅気の仕事は無理だったのである・・・。


キャッチコピー 編集

渡り鳥でも古巣はあるさ!男、寅さん故郷恋し!


スタッフ 編集

キャスト 編集

ロケ地 編集

記録 編集

  • 観客動員:72万7千人
  • 興行収入:1億8千万円
  • 上映時間:88分


テンプレート:Navbox generic

テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は男はつらいよ 望郷篇にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki