FANDOM


テンプレート:文学 白髪鬼(はくはつき)

本項では上記のうち黒岩涙香、及び江戸川乱歩の翻案小説について説明する。


白髪鬼』(はくはつき)は、女流作家マリー・コレリMarie Corelli, 1855年 - 1924年)の『ヴェンデッタ(復讐)』(Vendetta, A Story of One Forgotten, 1886年)を基にした日本の翻案小説。殺害された後、埋葬された墓の中で蘇生し、恐怖のために白髪と化した一人の男の復讐譚である。

原作者マリー・コレリはイギリスの作家。22才の時の処女作以来、数十冊の著作はどれも大ベストセラーとなり、凄惨小説の最高作家として英国大衆文壇の女王であった。「Vendetta」は22才の時に書いた2作目の作品。

黒岩涙香が『白髪鬼』の題名で翻案。「萬朝報」に1893年明治26年)、大好評の内に終了した『鉄仮面』の翌日から連載された(6月23日~12月29日)。まず、「死して蘇生した男がイタリアに居ると知り、その自伝を入手したので明日から連載する」との予告を掲載。物語は、白髪鬼となった男の手記実伝として書かれ、前作『鉄仮面』をも上回る大人気を博した。

江戸川乱歩版は1931年昭和6年)、黒岩涙香の翻案を同題名のまま更に翻案した長編小説である。雑誌『富士』に掲載された。乱歩は自身の説明で、涙香作品を更に翻案した理由として、昭和初期、一般読者には涙香の『白髪鬼』の文語体が既になじみ薄いものとなっていたこと、彼が少年の頃に耽読した涙香作品の中でも『白髪鬼』がいたく気に入っていたこと等を挙げている。再翻案に際し、乱歩はあらすじを変えるなど独自の改変をおこなっているが、涙香の遺族の承諾を得て作品名は同じにしている。戦前の春陽堂発行の文庫本には涙香版と乱歩版の二つがあり、乱歩版には「乱歩の白髪鬼」と付けられていた。

テンプレート:ネタバレ

主要登場人物 編集

原作/黒岩涙香版/江戸川乱歩版 (説明は涙香版)

  • Counte Fabio Romani/波漂羅馬内伯爵/大牟田敏清子爵 - 主人公。伊太利亜第一の富豪、羅馬内(ローマナイ)家の一人息子。17才で両親を失っている。激烈な伝染病が流行した時、町で倒れていた少年を助けようとして感染し、27才で死亡する。埋葬の後、墓窖の棺の中で蘇生するが、恐怖と苦痛から一夜にして白髪となる。墓窖が山賊の宝物蔵になっていたことを知り、莫大な財宝を得る。我が家に帰ったその日、愛妻と親友が愛人関係であり、己を悪し様に語るを聞き、復讐を誓う。
  • Counte Cesare Oliva/笹田折葉伯爵/里見重之子爵 - 蘇生し、白髪鬼となった波漂が復讐の為に黒眼鏡をかけて変装した姿。母方の伯父で、印度で大身代を作り余世を楽しく過ごす為に帰国したとの名目。
  • Guido Ferrari/花里魏堂/川村義雄 - 波漂の学校時代からの親友で美男の画家。波漂から援助を受けていたが、その妻・那稲の情夫であった。極道で、波漂の死後、那稲と婚約するが……
  • Countess Nina Romani/那稲羅馬内伯爵夫人/大牟田瑠璃子子爵夫人 - 波漂の妻で美貌の婦人。性悪で金銭欲が強く、財産目当てに波漂と結婚。その死後、情夫・花里魏堂と婚約するが、笹田折葉伯爵の持つ類い希なる宝石の数々に魅せられると、またも財産目当てに伯爵と婚約する。
  • stera/星子/(乱歩版には登場しない) - 波漂と那稲の娘。3才。波漂の死後、母親と情夫から継子のように扱われ、ジフテリアを放置され死亡する。臨終の際には伯爵だけがかけつけ、黒眼鏡を取ると、「あ、お父ちゃま、お父ちゃま」と喜んで息絶える。
  • Carmelo Neri/軽目郎練/朱凌谿 - 山賊の首領。羅馬内家の墓窖の奥を宝物蔵にして巨万の財宝を隠していた。

あらすじ 編集

(江戸川乱歩版) 九州の子爵・大牟田敏清は、無二の親友と恃む川村と、美貌の妻・瑠璃子と共に、この世の幸福の絶頂を味わっていた。しかし、瑠璃子と川村の2人は謀って敏清を殺し、埋葬する。

墓の中で甦った敏清は、墓所内で味わったおぞましい恐怖のために自分の姿が白髪の醜い老人と化していたのを知る。敏清が自分の家に戻ってみると、妻であるはずの瑠璃子が朗らかに笑い、親友であるはずの川村が瑠璃子と深い関係を持っていることを知り、また、彼らが謀って自分を亡き者にしたことを悟った。妻と親友に裏切られた敏清は、2人への復讐を固く誓う。復讐を誓った時点で、敏清は既に人間をやめてしまった。ただ、復讐に燃える一匹の鬼であった。

敏清は墓所内で見つけた海賊の財宝を利用して綿密な復讐計画を立て、里見重之として戻ってくる。そして、その計画に則ってじわじわと彼らを追い詰めていくのだった…。

黒岩涙香版と江戸川乱歩版の違い 編集

違いは多々あるが、法を無視しても復讐を肯定するか、それを犯罪者とするかは大きな違いである。

涙香版の白髪鬼は「忠臣蔵」や「曾我兄弟」、「巌窟王」に勝るとも劣らない痛快な復讐譚である。男の自伝として書かれ、もの凄い迫力で、姦夫姦婦を死の淵に追い詰めていく。復讐を遂げた主人公は善人であり、その心には一抹の寂しさが残るが逮捕されることはなく、新しい土地へ旅立つ。

下記アメリカのTV映画「天国からの復讐/悪女の構図」では、舞台を現代に変えてあるが、主人公は妻であった悪女を生きたまま埋葬。復讐を遂げた善人が逮捕されることはない。「目には目を、歯には歯を」の血が原作と涙香版には流れている。

乱歩版の白髪鬼は、捕らえられ終身懲役の刑を受けた主人公が、刑務所の教悔師に話すところから物語は始まる。更にテレビドラマになると、白髪鬼は名探偵・明智小五郎に主役の座を奪われ、追われる犯人になってしまう。

涙香版は全編、メラメラと燃えたぎる復讐心で書かれているのに比べて、乱歩版には常に犯罪者の暗さが漂っている。

出版 編集

マリー・コレリ“Vendetta, A Story of One Forgotten ”の日本語訳本

  • 『復讐・ヴェンデッタ』 創元社「世界大ロマン全集11」 1957年 訳:平井呈一 (伯爵の自伝として書かれた一人称小説だが、下町育ちの平井呈一が、伯爵に似つかわしくない下町言葉で書いている。)

黒岩涙香『白髪鬼』

  • 『白髪鬼(初篇)』 扶桑堂 1894年1月
  • 『白髪鬼(後篇)』 扶桑堂 1894年2月
  • 『白髪鬼』 扶桑堂「縮刷涙香集」
  • 『白髪鬼』 明文館書店「縮刷涙香集第11編」 1926年7月
  • 『野の花と白髪鬼』 明文館書店  1929年11月
  • 『黒岩涙香集』 春陽堂「探偵小説全集7」 1930年1月
  • 『白髪鬼』 春陽堂「日本小説文庫」 1934年6月
  • 『白髪鬼』 光文社「黒岩涙香代表作集2」 1957年4月

江戸川乱歩『白髪鬼』

  • 『白髪鬼』 平凡社「乱歩傑作選集第三巻」 1935年3月
  • 『白髪鬼』 ふじ書房 1946年7月
  • 『白髪鬼』 光文社「名作読物選」 1949年7月
  • 『白髪鬼』 春陽堂書店「江戸川乱歩文庫7」 1956年1月
  • 『白髪鬼』 桃源社「江戸川乱歩全集8」 1962年5月
  • 『妖虫』 講談社「江戸川乱歩全集6」 1969年9月
  • 『白髪鬼』 角川文庫 1973年7月
  • 『白髪鬼』 春陽堂書店「江戸川乱歩文庫15」 1987年
  • 『白髪鬼』 講談社「江戸川乱歩推理文庫14」 1998年1月
  • 『黄金仮面』 光文社文庫「江戸川乱歩全集7」 2003年9月

映像化作品 編集

映画 編集

黒岩涙香による翻案を原作とした映画化作品

  • 「白髪鬼」 (1912年、日活) 詳細は不明

江戸川乱歩による翻案を原作とした映画化作品

江戸川乱歩による翻案から登場人物を借用して創作した映画

  • 「白髪鬼」 (1949年、大映) 監督:加戸敏、大牟田/里見:嵐寛寿郎、るり子:霧立のぼる、川村:大友柳太朗
    登場人物の役名は乱歩版と同じだが、江戸川乱歩原作ではなく、オリジナル脚本。事故で死んだ大牟田は霊となって里見に乗り移り、るり子と川村の愛を邪魔するが、2人の愛に負けて永遠の眠りにつくという話。

テレビドラマ 編集

黒岩涙香による翻案を原作としたテレビ映画

江戸川乱歩による翻案を原作としたテレビ映画/テレビドラマ

マリー・コレリの原作映画化 編集

マリー・コレリの他の小説の映画化は、1915年の「Wormwood」から 1969年のインド映画「Intaquam」まで14作品を数えるが、『ヴェンデッタ』の映画化として彼女の名をクレジットした作品の記録は見あたらない。

  • 「天国からの復讐/悪女の構図」 Buried Alive 1990年製作、監督:フランク・ダラボン、男:ティム・マシスン、妻:ジェニファー・ジェイソン・リー、情夫:ウィリアム・アザートン  「男が目を覚ますと棺の中。一旦死んで埋葬されたあと蘇生したのである。墓穴から這い出して我が家に帰ると、喜ぶと思った妻は男の親友と愛人関係にあり、男は2人に毒殺されたことを知る。変わらぬ愛で迎えたのは愛犬だけだった。男は綿密に復讐の計画を立てると、2人を恐怖の底に追いつめていく。まず、情夫を死に至らしめ、男が這い出てきた墓穴の底に、生きたままの妻を棺に閉じこめて埋葬する。復讐を遂げた男は愛犬と共に何処かへ去っていく。」……「ヴェンデッタ」のプロットそのままだが、マリー・コレリの名はクレジットには無い。

上記のように、少なくとも、マリー・コレリの『ヴェンデッタ』は日米で10回以上映像化されているのだが、彼女の名は1度も原作者としてクレジットされていない。

派生作品 編集

小説や漫画、映画に、この物語から派生した作品も数多く作られている。

  • 女巌窟王」 新東宝映画 1960年製作、監督:小野田嘉幹
    麻薬団の秘密を知った姉妹(三原葉子万里昌代)は洞窟に生き埋めにされるが、その奥に、数百年前に海賊が隠していた莫大な財宝を発見する。洞窟から生還した2人は一味に復讐を誓う。姉は黒眼鏡をかけて変装し、アメリカ帰りの財閥女性のふれ込みで計画を実行する。……題名は「巌窟王」だが、物語は「白髪鬼」からのパクリ。
  • スポーン」 Spawn 1997年製作、監督:マーク・ディッペ、男:マイケル・ジェイ・ホワイト、妻:テレサ・ランドル、親友→妻の夫:D・B・スウィーニー
    アメコミのヒーロー物で、原作は同誌の作家だが、「変わり果てた姿で男が地獄から生還すると、愛妻は親友と結婚しており、2人とも男とは気付かず、愛犬だけが彼を迎える。」……この部分だけ、まるで「ヴェンデッタ」である。「スポーン」は闇の支配者に対する復讐譚であるが、こういった部分的なパクリは他にもありそうである。。

漫画化作品 編集

その他 編集

関連項目 編集


テンプレート:Lit-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は白髪鬼にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki