FANDOM


皇帝のいない八月
監督 山本薩夫
脚本 山田信夫
渋谷正行
山本薩夫
出演者 渡瀬恒彦
吉永小百合
音楽 佐藤勝
撮影 坂本典隆
編集 杉原よ志
公開 1978年9月23日 Flag of Japan
上映時間 140分
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
  

皇帝のいない八月』は、小林久三による小説およびそれを原作とする1978年公開の松竹製作の映画

(原作) 4月。青森県国道4号線における謎のトラック事故、その翌日靴メーカーに勤務する石森宏明はブルートレインさくら」への乗車を妨害しようとする謎の一団に狙われる。暗躍する一団の靴にはある特徴があった。また車内には突如姿をくらましていたかつての恋人、杏子が乗り込んでいた。姿を現す巨大な陰謀に、石森の脳裏にはかつて「死の商人」ともいうべき総合商社に勤めていた過去の、夏の日の光景が甦るのだった。 松本清張の系譜を受け継ぐ、「社会悪」を抉り出す社会派推理小説の一種にして、鉄道ミステリの変形。新風社文庫版のあとがきによれば、自衛隊のクーデター計画があったと聞かされたことが執筆の原因であると作者は述べている。

(映画版) 保革伯仲し与党内でも分裂が危ぶまれる政局不安定な暑い夏(原作は4月)、右翼政権樹立を武力クーデターで一気に目指す自衛隊反乱分子とそれを秘密裏に鎮圧させようとする政府の攻防を描くポリティカル・フィクション。物語の中心部分は、クーデター当日の夜に藤崎顕正元1等陸尉率いる少数精鋭の部隊に乗客乗員ともども乗っ取られたブルートレイン「さくら」の車内が舞台となり、和製『カサンドラ・クロス』の趣で作られた列車パニック映画ともなっている。

出演 編集

映画版あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ アメリカに媚を売り、腐敗しきっている自民党の現政権に対して、自衛隊と結んだ右派系の元首相一派が自衛隊の最高幹部とともにクーデターを計画する。

目的は自衛隊を国防軍に再編成すること。そのために軍事力で政府を制圧し、内閣総理大臣を拘束、憲法改正を断行する。ここにCIAが戦略・情報・人脈を使って介入してくる。

だが、そこで登場したのが内閣情報調査室室長。彼がすべての情報を探索し、官邸から自衛隊の統帥を指揮し、クーデターを制圧せんとする。

だが、実はとんでもない大どんでん返しが待っていた…。

エピソード 編集

  • 原作ではタイトルの意味は特に明らかにされない(石森の回想でおぼろげに想像させるだけに留まっている)。
  • 当初、映画版で主役(原作ではあくまでも脇役)の藤崎役には渡哲也のキャスティングが想定されていたが、所属の石原プロが自ら製作しているテレビドラマ中心に起用する方針を曲げず、そのスケジュールを解放しなかったために断念(同時期の角川映画人間の証明』も同様の理由で渡の起用を断念)。そして白羽の矢が立ったのが実弟の渡瀬恒彦。それまで東映でヤクザ役やチンピラ役など粗暴な役が多かった渡瀬は、信念を持った元自衛隊エリートの反乱分子のうちなる狂気を見事に演じきった。
  • 松竹映画だけに、渥美清が『男はつらいよ』の車寅次郎“らしき”人物で出演。らしき、というのは、劇中でその名は名乗っていないが、ブルートレイン「さくら」の寝台車で一人旅の途中で、唯一素性を表す台詞「まだ結婚してないんですよ」というのがあるから。それは誰が見ても「寅さん」だと思わせるものの、粗野な振る舞いはなく、かなり内気で上品な言動なのは演出の違いか?
  • 興行成績はそれほどではなかったものの、後にカルト的人気を博す。とくにアニメ監督として著名な押井守に多大な影響を与えた。押井が演出や脚本を手掛けた『機動警察パトレイバー』の自衛隊クーデターものエピソードには、オマージュ以上のものがこの作品から得られている。
  • 列車パニックものの映画では、東映が『新幹線大爆破』(1975年)、東宝が『動脈列島』(1975年)などを制作していて、この作品はそれらと比較対象されることもある。
  • 上記の諸作と同様、内容が内容だけに国鉄(当時)の協力は得られず、「さくら」の車内はすべてセットで撮影された。車両などの考証はかなりお粗末で、爆破シーンでは大正時代設計のイコライザ台車TR11らしき台車を装備していた。また「さくら」号を最後に爆破させたということで国鉄は大激怒し、「以後、国鉄は映画には一切協力しない」とまで決定した。
  • 本来は円卓のある会議室で行われる政府の閣議の撮影セットを、マスコミの写真撮影用に用意されている、ニュース映像などでおなじみの閣議の控え室を元に作り、失笑を買った。

自衛隊の反乱を主題とした作品 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は皇帝のいない八月にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki