FANDOM


「真昼の暗黒」まひるのあんこく)は1956年に公開された今井正監督、橋本忍脚本の映画作品。原作は、1951年に実際にあった冤罪事件、八海事件をもとにした正木ひろし著のベストセラー『裁判官』。1956年の映画賞を総ナメにした。

評価 編集

1956年の段階では裁判の審理中であったために製作段階で映画会社や裁判所から圧力がかかった。今井は最高裁判所からの呼び出し通達を無視したため、プロダクションは大手配給網から閉め出された。しかし、独立プロの配給で全国を巡回するうちに空前の大ヒット作となった。

映画の最後の場面で「まだ最高裁がある」というセリフは1956年の流行語にもなっている。


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は真昼の暗黒にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki