FANDOM


社長太平記
監督 松林宗恵
製作 藤本真澄
脚本 笠原良三
出演者 森繁久彌
加東大介
小林桂樹
音楽 宅孝二
撮影 玉井正夫
配給 東宝
公開 1959年1月3日
上映時間 95分
前作 続社長三代記
次作 続社長太平記
allcinema
  

社長太平記(しゃちょうたいへいき)は東宝が1959年に製作した社長シリーズ第7作の映画である。シリーズ初のシネマスコープ作品である。また、以後シリーズのメイン監督となる松林宗恵だが、前作『社長三代紀』正続から監督するが、興味が持てずに本作でいったん降板した。そのため、『続・社長太平記』は青柳信雄監督がメガホンを取り、主要スタッフも交代している。本作で森繁は婦人下着メーカーの社長を演じている。

スタッフ 編集

キャスト 編集

あらすじ 編集

錨商事は女性下着メーカーである。牧田社長(森重久弥)は関西のライバルメーカー・さくら商会の東京進出をめぐって大福デパートへの納品でしのぎを削っているが、営業部長(三木のり平)では埒があかないため大森専務(小林桂樹)に任せることにする。独身の大森専務は密かに庶務課長・朝比奈(加東大介)の娘(団令子)に心を寄せている。朝比奈は戦時中に海軍の巡洋艦艦長で大森は兵曹で牧田は一兵卒の間柄であったので、三人はねじれたややこしい関係であった。そんな中、工場が火事で消失するという出来事が起こるのだった。


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は社長太平記にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。