FANDOM


テンプレート:漫画神の左手悪魔の右手』(かみのひだりてあくまのみぎて)は、楳図かずおの恐怖漫画作品。「ビッグコミックスピリッツ」に1986年から1989年に連載されたほか、特別短編『おふだ』がある。また2006年に映画化された。

概要 編集

恐怖漫画の第一人者が描く、純粋ホラー・エンターテインメント。絵そのものは緻密で美しいが、残酷なシーンが多く、血をみるのが苦手な人は注意されたし。

あらすじ 編集

主人公・想のまわりで起こるのは、いつも恐ろしい出来事ばかり。一体、何が夢で、何が現実なのか? 想も、読者も、分からない! テンプレート:ネタバレ

主人公 編集

山の辺想(そう)
いつも悪夢ばかり見て、周囲から弱虫と思われている。夢の中で恐ろしい出来事を解決するのだが、誰にも信じてもらえない。
ぬーめらうーめら
想が消しゴムに鉛筆で穴を空けて作った守護霊。
どんどろ でんでろ、がんがろ べんべろ
それぞれ、想が消しゴムに鉛筆で穴を空けて作った四体の悪魔。想に替って悪霊と戦う。
ヌーメラウーメラ
想が夢のなかで変身したもの。傷を癒す神の左手と、敵を倒す悪魔の右手を持っている。

エピソード 編集

HORROR/1『錆びたハサミ』(原作の錆の字は、金へんに靑)
呪いの錆びたハサミを拾ったことから始まる、想の姉を襲うスプラッター恐怖劇場。病院や周辺地域を舞台とする都市伝説的なストーリー。
HORROR/2『消えた消しゴム』
殺してしまったはずのみどり先生が、次の日、平然と学校に出てくる。しかし、殺害に加担した生徒は、ひとり、ひとり消されていき、最後に想が残ることに。
HORROR/3『女王蜘蛛の舌』
避暑地の蜘蛛女が、医師である高品を夫にしようと追い回す。楳図かずおが大嫌いという蜘蛛だが、車にひかれたり鳥についばまれたりと、痛ましいシーンも。
HORROR/4『黒い絵本』
病身の少女を育てるやさしい父親は、実は殺人鬼だった。それも、少女向けに殺人絵本を書いては、そのストーリーを忠実に実践していたのだ!
HORROR/5『影亡者』
恐怖の背後霊『影亡者』が、他人の守護霊を食い尽くす。影亡者に守られた者は怖ろしい強運をつかむが、守護霊が食われてしまうと、守る者を失った人間には……。
『おふだ』
想は出てこない。4ページのスプラッター物。ページをめくった瞬間の衝撃が全て。

夢か現か? 編集

この作品のストーリーは、どこまでが夢でどこまでが現実なのか、容易な線引きを許さない構成をとっている。

想は眠っても必ずヌーメラウーメラに変身するわけではなく、想の姿のままで、出来事を解決することもある(女王蜘蛛の召使いに向かっては、これは夢だから、「お前を殺したっていいんだ」と、大バサミで胸を突き刺す)。カラスや姉になることもあり、夢から覚めるとき、しばしば夢の中から物を何か現実に持ち帰る(錆びたハサミ、女王蜘蛛)。

『錆びたハサミ』では、想は一矢先生の写真にふれただけで、一矢先生になって過去の恐怖を追体験してしまう。

『黒い絵本』では、病気の娘の父親が絵本を書きながら、そのストーリー通りに殺人を繰り返すのだが、父親はヌーメラウーメラによって、絵本の中の住人にされてしまう。いや、父親は最初から、娘の絵本の住人だったのだろうか。

さらに、霊魂という一般的な観念も、楳図の手にかかると、途方もなく複雑なものにされてしまう。霊とは一般的には死者の魂であるが、『影亡者』のエピソードでは、人が死ぬと霊になるだけでなく、霊もまた死ぬという。あの世の向こうに、もうひとつのあの世があり、影亡者は、もうひとつのあの世の住人らしい。

論評 編集

ギャグ、SF、少女物と多彩な経歴をへた円熟期の楳図かずおによる、ホラー度100%の純粋恐怖漫画である。スプラッター・シーンや霊魂といった恐怖物に一般的なテーマも多く、エンターテインメントとしての完成度が高い。

楳図かずおが子供というテーマに特別な思い入れをもっていることはよく知られているが、『神の左手悪魔の右手』もまた、子供ならではの恐怖感を巧みに描いている。消しゴムに穴をあけて守護霊や悪魔にしてしまうなど、まさに、子供の感覚であろう。

物語の最後のエピソード『影亡者』にいたって、ようやく、周囲は想の言うことが悪夢ではなく事実であると理解する。他方で眠りから覚めた想は、「そしてぼく夢の中で、お姉ちゃんになっていたんだよ。」「それでね、ヌーメラウーメラにもなったんだよ。それからね、影亡者をやっつけちゃったんだ。」「でも、みんな夢なんだよね」と語りだし、子供感覚から脱して大人への一歩を進む。だが、影亡者の脅威に現実にさらされ、想の発言を事実と知っている周囲の大人たちは、現実感覚の喪失にとまどうばかりである。

子供的な現実と夢の未分離状態を、強引に大人の前に提示し、大人の現実感覚を揺さぶる手法を駆使したこの作品は、まさに楳図的な意味でのホラー作品と呼べるであろう。

参考 編集

  • 荒木飛呂彦は、かつて注目する作品として本作品を挙げた。
  • 『影亡者』に登場する往年の有名女優にはモデルが存在するようである。

映画 編集

2006年7月22日公開。元は那須博之が監督を担当したが、監督の急死により金子修介に引き継がれた。『黒い絵本』をベースに書かれた物語だが、主人公はソウ(小林翼)ではなく、姉のイズミ(渋谷飛鳥)。楳図かずお本人も1シーンで出演。R-15に指定されている。

キャスト 編集

スタッフ 編集

外部リンク 編集

参考資料 編集

  • 『単行本未収録作品集・妄想の花園 ホラーの花園』(楳図かずお、小学館) 『おふだ』と関連作品『背猛霊』が収録されている。
  • 『恐怖への招待』(楳図かずお、河出書房新社) 作者自身による解説がある。
  • 『ウメカニズム 楳図かずお大解剖』(小学館)
  • 雑誌『ユリイカ 詩と批評』2004年7月号 「特集*楳図かずお」


de:Kami no Hidarite Akuma no Migite

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は神の左手悪魔の右手にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki