FANDOM


空想の空とぶ機械達』(くうそうのそらとぶきかいたち)は、宮崎駿三鷹の森ジブリ美術館の特別展「天空の城ラピュタと空想科学の機械達展」の特別展用に製作した短編アニメーション映画2002年に公開された。上映時間は約6分。カラー作品。2007年7月、日本航空がジブリからの協力を得て、2008年1月から5月まで独占上映をすることが発表された。(時期・公開方法はhttp://www.jal.co.jp/soraotobu/inflight/

内容 編集

初めに、擬人化された豚の姿で描かれた監督が登場し、『天空の城ラピュタ』の乗り物が解説される。ついで19世紀の西洋人が空想した未来の飛翔機械がユーモラスに紹介され、それらの空飛ぶ機械達が文明の発展と共に進歩していく様子がイマジネーション豊かに描かれる。最後は、古き良き時代の冒険活劇漫画映画の復興を願うかのように、一人の少年が手作りのオーニソプターで冒険の旅に出るシーンで終わる。

スタッフ 編集

  • 原作・脚本・監督:宮崎駿
  • 作画監督:米林宏昌
  • 原画:二木真希子、賀川 愛、山田憲一、松瀬 勝、山森英司、中村勝利、小野田和由、松尾真理子、田村篤
  • 美術監督:武重洋二
  • 背景:長田昌子、平原さやか、吉田 昇、男鹿和雄
  • 動画チェック:舘野仁美
  • ハーモニィ処理:高屋法子
  • デジタル作画監督:片塰満則
  • 音楽:久石譲
  • 制作:スタジオジブリ

キャスト 編集

  • ナレーション:宮崎駿

備考 編集

  • 特別展展示場では、本作のラストに登場した子供用オーニソプター「アルシオーネ」の実物大模型が展示されていた。
  • 本作に登場する空飛ぶ機械達の描写の為に用いられた技法は、『ハウルの動く城』にも活かされている。

テンプレート:スタジオジブリ


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は空想の空飛ぶ機械達にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki