FANDOM


突入せよ! あさま山荘事件
The Choice of Hercules
監督 原田眞人
製作総指揮 原正人
製作 佐藤雅夫
脚本 原田眞人
出演者 役所広司
宇崎竜童
天海祐希
伊武雅刀
藤田まこと
音楽 村松崇継
撮影 阪本善尚
編集 上野聡一
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗2002年5月11日
上映時間 130分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
allmovie
IMDb
  

突入せよ!あさま山荘事件』(とつにゅうせよ!あさまさんそうじけん)は、2002年5月11日に公開された日本の映画作品。

長野県軽井沢町1972年2月19日から2月28日に起きた、連合赤軍あさま山荘事件を映像化した作品。 原作は当時指揮幕僚団として派遣された佐々淳行

スタッフ編集

キャスト編集

史実と異なる点編集

  • 本人への配慮から、人質夫婦と長野県警関係者と犯人の名前を変えている。同様に、鉄球作戦に参加したクレーンを所持する社名も実際とは異なっている。クレーン車の車両も実際には社名の標記は無い。
  • 機動隊の車両として警視庁の特型警備車が登場するが、実際より小さく、形状・塗色も若干異なる。さらに機動隊の輸送車(マイクロバス形)に1990年代になって製造が開始された日産・シビリアン(もしくはOEMのいすゞ・ジャーニー)を極力当時の車両らしく仕立てたものが登場する。また、機動隊員の装備品も当時存在しなかったものが一部使われている。
  • 突入のシーンにおいて、天候はどうにもならなかったらしく、突然雪が降ったりすぐに晴れたりしている。実際はそのように天候はたびたび変わらなかった。

その他 編集

  • あさま山荘事件の舞台は長野県だが、収録は新潟県上越市で行われた。これは撮影に当たって長野県警が「記述が不正確で当時の関係者の名誉を傷つけるものだ」と抗議して協力を拒否したためである。
  • 現場の機動隊員が極寒の中、日清カップヌードルを食べているシーンがある。これは当時、同様の場面が全国に生中継され話題となったことに起因する。これによりカップヌードルの知名度が飛躍的に上がったとも言われ、あさま山荘事件の中でも非常に印象的な出来事であるとして映画でも再現されたという。
  • また佐々淳行本人も映画館のシーンにエキストラの一人として出演しているほか、後藤田正晴も出演している。
  • この映画では、DVCPRO HDカメラである"VARICAM"(AJ-HDC27F)がメインキャメラとして使われ、全編デジタル撮影で収録された。この作品以降、VARICAM撮影による映画製作が急速に普及した。
  • 若松孝二は本作を鑑賞の際、「もう少し若かったら映画館に爆弾を投げ込んでいた」と激怒。私費を投じ『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』を監督する。

製作委員会 編集

関連項目編集


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は突入せよ! あさま山荘事件にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki