FANDOM


テンプレート:文学細雪』(ささめゆき)は日本の作家谷崎潤一郎の長編小説。全編の会話が大阪弁で書かれた異色の作品である(谷崎自身は東京出身)。上流の大阪人の生活を描き絢爛でありながら、それゆえに太平洋戦争前の崩壊寸前の滅びの美を内包し挽歌的切なさをも醸しだしている。

概略編集

谷崎は第二次世界大戦中の1942年秋に河口湖畔の勝山に滞在し、月刊誌『中央公論』で『細雪』の執筆を始めるが、1943年に軍部から、戦時にそぐわないとして掲載を止められる。1944年昭和19年)には私家版を作り、友人に配ったりしていたが、それも軍により印刷配布を禁止される。終戦後、京都に住まいを移し、1948年昭和23年)に作品を完成させる。

その後『細雪』は評価され、谷崎は毎日出版文化賞(1947年)や朝日文化賞(1949年)を受賞する。また、作家の三島由紀夫はこの『細雪』をエッセイ等で幾度か取り上げて高く評価した。

2000年には同度国文学学生指定図書にも指定された。

『細雪』の舞台となった神戸市東灘区の谷崎の旧邸は保存運動がNPO法人谷崎文学友の会と地元住民によって進められ、1990年に移築保存に成功し、「倚松庵」と名づけられている。

あらすじ編集

大阪船場で古い暖簾を誇る蒔岡家の四人姉妹 鶴子、幸子、雪子、妙子の繰り広げる物語。 三女雪子の見合いから話は始まる。

三女雪子は姉妹のうち最も美人なのであるが、なぜか縁遠く、三十路に入っても嫁げず姉の幸子夫婦が奔走している。一方四女妙子は始終恋愛事件をおこして姉達をてこずらせている。

映画化 編集

『細雪』はこれまで三度映画化されている。いずれも日本映画史を代表するトップ女優が出演して話題となった。

テレビドラマ化 編集

舞台 編集

『細雪』は幾度も舞台化され、多くの有名女優たちが四姉妹を演じてきた。上演回数は1000回を超える伝統の舞台となっており、会場も帝国劇場などが使用されている。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

  • 倚松庵 谷崎が家族と住んでいた『細雪』のモデルとなった家。

テンプレート:Lit-stubpt:As irmãs Makioka

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は細雪にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki