FANDOM


絞死刑』(こうしけい)は大島渚監督した映画作品である。1968年公開。死刑制度の問題点や、在日朝鮮人の問題などを指摘した。117分、35ミリの白黒作品。創造社ATGの提携制作。ATG配給。

概要編集

主人公在日朝鮮人死刑囚"R"は強姦致死等の罪で絞首刑に処せられるが、信じられないことに、絞縄にぶら下がったRの脈はいつまでたっても止まらず、刑は失敗する。縄を解かれたRは刑務官たちの努力の末に漸く意識を取り戻したものの、処刑の衝撃で記憶を失って心神喪失となっていた。刑事訴訟法では、刑の言い渡しを受けた者が心神喪失状態にあるときは執行を停止しなければならないため、刑務官たちは再執行のために彼に記憶と罪の意識を取り戻させようと躍起になるが、Rの無垢な問いかけは彼らの矛盾を鋭く抉ってゆく。忠実に再現したという死刑場を舞台に蜿蜒と続くやりとりは、死刑制度の原理的な問題から在日朝鮮人差別の問題に及び、貧困を背景とした犯罪心理をも浮かび上がらせる。

Rは1958年小松川事件の犯人をモデルにしている。

スタッフ編集

出演者編集

関連項目編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は絞死刑 (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki