FANDOM


羅生門
200px
監督 黒澤明
製作 箕浦甚吾
脚本 黒澤明
橋本忍
出演者 三船敏郎
森雅之
京マチ子
志村喬
音楽 早坂文雄
撮影 宮川一夫
公開 1950年8月26日 日本の旗
上映時間 88分
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
IMDb
  
ファイル:Rashomon 1.jpg
ファイル:Rashomon 2.jpg

羅生門』(らしょうもん)は1950年8月26日に公開された日本の映画黒澤明が監督したモノクロ映画の代表的作品。原作は芥川龍之介の短編小説『藪の中』だが、同作者の短編小説『羅生門』からも題材を借りている。

1951年ヴェネチア国際映画祭グランプリを受賞し、西洋に黒澤明や日本映画が紹介されるきっかけとなった。また、対立する複数の視点から同じ出来事を全く違う風に回想し、真実がどうだったのか観客を混乱させる手法は、アメリカや中国など多くの国の映画やフィクションに影響を与えている。

完成時に大映の永田雅一社長は「この映画はわけがわからん」と批判していたが、ヴェネチアに出品されグランプリをとると、永田は一転して自分の手柄のように語った。後年、黒澤はこのことを自伝『蝦蟇の油』の中で、まるで『羅生門』の映画そのものだと書いている。

あらすじ編集

盗人の多襄丸による、武士の殺害とその妻への強姦事件。この事件について、多襄丸と武士の妻と武士(死んでいるので霊媒師を介している)と目撃者による4人の証言は全部食い違っていた。

キャスト編集

外部リンク編集

テンプレート:Commons


ar:راشومون bn:রশোমন cs:Rašómon de:Rashomon – Das Lustwäldchenes:Rashōmon fr:Rashōmon (film) he:ראשומון id:Rashomon it:Rashōmon ka:რასიომონი nl:Rashomon pt:Rashomon sv:Rashomon

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は羅生門 (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki