FANDOM


美女と液体人間』(びじょとえきたいにんげん)は、1958年に公開された、変身人間シリーズ第2弾。87分。英題は The H-Man。『電送人間』や『ガス人間第一号』と同じく、大人向けの作品として作られた。タイトル通り、女性の登場するシーンも多く、アダルトな雰囲気も持つ特撮映画である。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

城東大学助教授・政田は必死だった。現在彼の友人である警視庁の富永が追っている麻薬密売事件のウラには、恐るべき液体人間が暗躍している。その事実を全く信じようとしない富永ら捜査陣の行く先々で不思議な出来事が起こり、捜査は暗礁に乗り上げる。重要な証人、新井千加子に魔の手が伸びるに至って、やっと事の重大さに気付いた捜査陣は政田の意見を取り入れ、地下下水道を焼き払い液体人間を倒すことを決意した。だが、そこにはたった一人で恐るべき敵から逃げまどう千加子がいた。

スタッフ 編集

キャスト 編集

解説 編集

  • 本作の設定として、「強い放射線を浴びた生物は液体状に変化し、液体生物と呼ぶべき別の生物になる」というものがある(劇中、カエルを使った実験にて描写されている)。また液体人間となった人間は、吸血鬼のごとく他の人間を襲うことで犠牲者を同じ液体人間と変えることができる(真木博士のセリフによれば「喰っている」)とされる。
  • なお、液体人間となったものが人間的な意識を保って行動しているのかどうかは、不明のままである(劇中に液体人間の視点からの描写はなく、人間関係によって推測・暗示されるだけである)。
  • 地を這う液体人間の表現には、化粧ベース素材の有機ガラスが用いられた。


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は美女と液体人間にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki