FANDOM


肉弾』(にくだん)は、1968年10月22日に公開された岡本喜八監督日本映画。岡本喜八の代表作でもある。「肉弾」をつくる会、ATG製作、ATG配給。116分の白黒作品。「あいつ」と呼ばれる主人公の、孤独な戦争を描く。企画当初は映画会社が制作費を出さず、監督の夫人の岡本みね子がプロデューサーとなって二人三脚で地道に制作費を集め、制作にこぎつけた。

解説編集

戦争末期の混乱した日本をわかりやすく、興味を引くように作られた名作。お芝居のように作られているが、太平洋戦争にまきこまれた、若者とその回り状態をギリギリの表現であらわしている。作りは単純だが、よほど当時の戦史にそって深く考えて作られたようだ。さらに娯楽性に力を入れたのは、より多くの視聴者をあきさせないためと、当時の若者の気持ちを理解してもらいたいたいためであろう。作品中の名台詞に、「うさぎー、十五夜ー!鼠の馬鹿ヤロー!」がどうにもならない、当時の若い兵隊の気持ちをあらわしている。出てくる兵器も用兵も、当時の資料とはそれほどかけはなれていない。また、戦争があった事を長く伝えるためのメッセージを強力に残した作品。


スタッフ編集

キャスト編集


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は肉弾 (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki