FANDOM


テンプレート:Otheruses テンプレート:文学舞姫』(まいひめ)は、森鴎外の短編小説。1890年(明治23年)、『国民之友』に発表。

森鴎外が1884年から4年間ドイツへ医学を学ぶために留学した時の体験を下敷きにして執筆された。主人公の手記の形をとり、その体験を綴る。高雅な文体と浪漫的な内容で初期の代表作。本作と他二作は独逸三部作(浪漫三部作)[1]と呼ばれる。この作品を巡り石橋忍月との間で論争(舞姫論争)が起こった。なお、主人公には作者森鴎外といくつかの類似点がある[2]

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ 19世紀末、ドイツ留学中の官吏、太田豊太郎は下宿に帰る途中、クロステル通りの教会[3]の前で涙に暮れる美少女エリスと出会い、心を奪われる。父の葬儀代を工面してやり、以後清純な交際を続けるが、仲間の讒言によって豊太郎は免職される。

その後豊太郎はエリスと同棲し、生活費を工面するため新聞社のドイツ駐在通信員という職を得た。エリスはやがて豊太郎の子を身篭る。友人である相沢謙吉の紹介で大臣のロシア訪問に随行し信頼を得ることができた。復職のめども立ち、また相沢の忠告もあり、豊太郎は日本へ帰国することを約する。

しかし豊太郎の帰国を心配するエリスに彼は真実を告げられず、その心労で人事不省に陥り、その間に相沢から事態を知らされたエリスは衝撃の余りパラノイアを発症した[4]。治癒の望みが無いと告げられたエリスに後ろ髪を引かれつつ、豊太郎は日本に帰国する。「相沢謙吉が如き良友は世にまた得がたかるべし。されど我が脳裡に一点の彼を憎む心今日までも残れりけり。」豊太郎の心からの呟きであった。

テンプレート:ネタバレ終了

主な登場人物編集

  • 太田豊太郎 - 将来を嘱望されるエリート官僚。在ベルリンの国費留学生。
  • エリス - 下層階級に育った、ヰクトリア(ヴィクトリア)座の踊り子。父の姓はワイゲルト。16、7歳[5]
  • 相沢謙吉 - 豊太郎の友人。天方伯爵の秘書官。
  • 大臣・天方伯爵[6]

舞姫論争 編集

1890年、石橋忍月と森鴎外との間に起こった文学論争。

忍月は筆名「気取半之丞」で「舞姫」を書き、主人公太田が意志薄弱であることなどを指摘し批判。これに対し鴎外は相沢を筆名に使い、「気取半之丞に与ふる書」で応戦。その後も論争が行われたが、忍月が筆を絶って収束。最初の本格的な近代文学論争だと言われる[7]

舞姫 とファウスト 編集

本作は『ファウスト』(第一部)と関係付けて論じられることがある。森鴎外は1912年に初の『ファウスト』日本語訳を完成させている。

「舞姫」を題材にした作品 編集

映画・ドラマ編集

舞台編集

ゲーム編集

脚注 編集

  1. 『舞姫』、『うたかたの記』、『文づかひ』。三作とも文語体。『舞姫』には井上靖による口語訳がある。
  2. 鴎外を追うように日本を訪れたドイツ人女性は、説得され帰国している。この女性の素性については、カール・ヴァイゲルト(ライプチヒ大学病理学研究所職員)の縁者であり、既婚者であったユダヤ人女性エリーゼ・ヴァイゲルト(Elise Weigert)とする説がある。また、前記の説を否定し、裕福な既製服店の娘アンナ・ベルタ・ルイーゼ・ヴィーゲルト(Anna Berta Luise Wiegert)とする新説がある(植木哲『新説 鴎外の恋人エリス』 新潮選書 2000年)。また、東大医学部の同期生であった小池正直が、鴎外の上司石黒忠悳に宛てた手紙(明治22年4月16日付け)の一節「兼而小生ヨリヤカマシク申遣候 伯林賤女之一件ハ能ク吾言ヲ容レ今回愈手切ニ被致度候 是ニテ一安心御座候」にある「伯林賤女」は鴎外を追って来日した女性を指すとみる説がある(山崎國紀「鴎外の恋人は『賤女』だった」『文藝春秋』2005年6月号)。
  3. 豊太郎が散歩した「獣苑」はベルリンの都市公園ティアガルテン(Tiergarten)(de:Berlin-Tiergarten)を指す。クロステル巷(Klosterstraße)の古寺をマリエン教会(Marienkirche)とする説がある。
  4. 初出(『国民の友』)等では「ブリヨオトジン」(独 Blödsinn)。
  5. 作品中でエリスをユダヤ人とする描写は無い。しかし、作品中にそれを示唆するサインをみる論考がある(荻原雄一編 『舞姫 エリス、ユダヤ人論』 至文堂 2001年)。
  6. モデルを山縣有朋とする説が有力。山県訪欧時の随行医官は鴎外の生涯の友人賀古鶴所(かこつるど)であった。賀古鶴所は日本における近世耳鼻咽喉科の創始者。歌人でもあり、『ヰタ・セクスアリス』の古賀のモデルとしても知られる。
  7. 石橋忍月及び森鴎外の全集に所収。研究書として、嘉部嘉隆『森鴎外―初期文芸評論の理論と方法』 桜楓社 1980年などがある。

参考文献 編集

  • 嘉部嘉隆『森鴎外「舞姫」諸本研究と校本』桜楓社 1988年 ISBN 4273022141
  • 『舞姫・山椒大夫他4編』 旺文社文庫
  • 『舞姫、うたかたの記―他3篇』 岩波文庫 1981年 ISBN 4003100603
  • 植木哲『新説 鴎外の恋人エリス』 新潮選書 2000年 ISBN 4106005875
  • 荻原雄一編 『舞姫 エリス、ユダヤ人論』 至文堂 2001年 ISBN 4784302077
  • 嘉部嘉隆『森鴎外―初期文芸評論の理論と方法』 桜楓社 1980年

外部リンク 編集

テンプレート:Wikisource

テンプレート:Lit-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は舞姫にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki