FANDOM


花とアリス』(はなとありす)は、岩井俊二監督の日本映画。長編と短編の2つが存在する。

テンプレート:ネタバレ

花とアリス(ショートフィルム)(2003年)編集

2003年キットカットの日本発売30周年を記念してネスレコンフェクショナリー株式会社が運営するウェブサイト「ブレイクタウン」でネット配信された短編映画。第一章「花の恋」、第二章「花の嵐(1)秘密」「花の嵐(2)乱舞」、第三章「花とアリス」の3章4部構成で公開された。なお、現在Web上での公開は終了しているが、この作品は映画「花とアリス」DVD特別版の特典ディスクでみることができる。(一部、編集されたシーンや追加されたシーンがあるのでWeb版とは同じものではない。)

ストーリー編集

「花の恋」
アリスが恋した高校生を見に行った花は、一緒にいた友人に一目惚れしてしまう。一目惚れした彼をストーキングした花は、彼が手塚高校の生徒だと知る。
「花の嵐(1)秘密」
四月、手塚高校に入学した花とアリス。花は、一目惚れした宮本がいる落語研究会に入部する。宮本とデートしている所をアリスに見られたものの、アリスは宮本の事を覚えていなかった。しかし、ほっとしたのも束の間、自分の家に宮本を招いた花は、パソコンに入れてあった大量の宮本の写真を、本人に見られてしまう。そして、その写真がアリスによって撮られたと、とっさにうそをついてしまう。
「花の嵐(2)乱舞」
何故かアリスの事を好きになってしまった宮本。アリスは上手くかわすものの、三人の間には微妙な空気が流れ始める。一方、花と一緒に祭りに行った宮本だったが、其処でアリスの幻覚を見て卒倒してしまう。宮本を家に担ぎ込んだ花は、宮本の為に薬を買いに行き、その途中、どしゃ降りの雨の中でバレエを踊る人の姿を見る。
「花とアリス」
遂に三人の関係はこじれ始める。三人で遊びに行った海で、花とアリスは宮本を取り合い、取っ組み合いの大喧嘩してしまう。そして文化祭。宮本がアリスを好きな事に気付いた花は、高座の舞台袖で自分の恋を諦める事を宮本に告げる。しかし、宮本は花の事を受け入れるのだった。そして高座に上がった花。観客が居なくなった客席には一人、アリスの姿があった。

登場人物 編集

荒井花(花)
幼馴染のアリスにいつも振り回されている。一目惚れした宮本先輩に猛烈にアプローチをかけるも、宮本の反応はイマイチ。宮本とアリスが密会している事が、少し気になる今日この頃。
有栖川徹子(アリス)
天真爛漫な性格で、いつも花を振り回す。花の恋に協力するも、宮本に好かれてしまって、少し気になる今日この頃。
宮本雅志
寿限無の暗唱に命を懸ける男。花に猛烈アプローチされるも、本当はアリスの事が少し気になる今日この頃。

スタッフ 編集

キャスト 編集

花とアリス(2004年)編集

前年にネット配信された短編映画をもとに、長編映画として制作された。中学生の頃からの親友である花こと荒井花と、アリスこと有栖川徹子の、入学した手塚高校の花の憧れの先輩、宮本雅志を巡る三角関係を描く。主役の鈴木杏蒼井優の演技、少女漫画的なストーリーが高く評価されている。監督自身が手がけたサウンドトラックも好評を博した。2004年3月13日公開。135分。2004年10月8日、ビデオ・DVD化。

スタッフ編集

キャスト編集

特徴編集

  • 駅名や学校名などに漫画家の名前が多く登場する。
  • エンドロールはすべて英語である。(“Kajiwara Zen”は“Kajihara Zen”(梶原善)の間違い。)

外部リンク編集


テンプレート:Movie-stubko:하나와 앨리스 pt:Hana to Alice th:สองหัวใจหนึ่งความทรงจำ

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は花とアリスにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki