FANDOM


テンプレート:漫画花より男子』(はなよりだんご)は、集英社の月刊少女漫画誌「マーガレット」で1992年から2004年まで連載された神尾葉子少女漫画作品である。単行本全36巻、完全版全20巻。第41回(平成7年度)小学館漫画賞受賞。

概要 編集

同社発刊の「マーガレット」の屋台骨として、長年に渡り根強い人気を博したが、2004年にその連載を終了した。裕福な生徒の多い学園に何故か紛れて入学してしまった、貧乏少女の奮闘と恋の物語である。連載期間が長かった事もあり、そのファン層の年代は幅広い。日本では2度の映画化(2度目はテレビドラマシリーズの映画化となる)、アニメ化、そしてテレビドラマ化もされ、台湾でも『流星花園(りゅうせいはなぞの)』の題名でテレビドラマ化もされている。英語表記もそのままMeteor Garden

2005年9月の時点で発行部数4800万部と少女漫画歴代2位の売上げを誇っていたが、日本でのドラマの大ヒットを受け、同年12月には発行部数を5800万部まで伸ばし、ついに日本一売れた少女漫画となった。

発行部数はメディアによって多少違う。「王様のブランチ」(2007年8月18日放送)では5920万部、「めざましテレビ」では6000万部突破とされている。

なお、2005年12月9日発売の「マーガレット」本誌において、2006年中に続編を描くことを作者が明言し、同誌2006年15号(2006年7月5日発売)に読み切り形式で発表され、完全版最終巻に収録された。

また、作者の別作品、ジャンプスクエア連載中に、2008年1月4日発売の「マーガレット」で花沢類主役の前後編「俺の話をしようか」が掲載される。

なお、男子と書くが、「だんし」ではなく「だんご」である。

登場人物 編集

詳しくは花より男子の登場人物を参照。

あらすじ 編集

名門の筋やら素封家やらの子弟が入学する事で知られる英徳学園高校に、何の因果か入学してしまった一般庶民の牧野つくし。学校はF4(Flower 4―“花の四人組”)を名乗る道明寺司・花沢類・西門総二郎・美作あきらに牛耳られていた。F4は世界にも通用する程のセレブの御曹司。

F4に逆らえる人は1人もいなかった。ある日、友達を守る為にF4に刃向かったつくしはF4に赤札を貼られ、学校全体からいじめのターゲットにされてしまう。しかし正義感の強いつくしは“やられたらやり返す、それがあたしのポリシー!”とばかりに立ち向かって行く。

道明寺司は牧野つくしのことを好きになってしまい、それからはつくし一途でそればかり。…いじめられ続け騙され続けた牧野つくしの人生がこのF4によって変わり始めた。激貧の牧野つくし、大金持ちのF4、この正反対な人達が生み出す恋愛ストーリー。

英徳学園について 編集

設定では、英徳学園は幼稚園から大学までの一貫校で、その大部分が幼稚園から入園するとなっている。よって、幼稚園から高額の学費を払える家庭のみが入学を許され、お金持ちの子弟が多いとなっている。ちなみに牧野つくしのセリフから、この学園ではつくしのような高校からの外部生入学は「極めて異例」であるとの事。

派生作品 編集

CDブック 編集

1993年に第1弾発売。以降第3弾まで発売。その他の作品と異なり、花沢類が主役になっているのが特徴。木村拓哉の初声優作品。

キャスト(いずれも声の出演)

テレビアニメ 編集

『花より男子』
1996年9月8日から1997年8月31日まで、朝日放送テレビ朝日系列(福井放送除く)で放送された。また、山陰放送TBS系列)やテレビ宮崎フジテレビ系列)でも遅れネットという形で放送されている。全51話。制作は東映動画
各キャラクターの声あてには、本業の声優ではない俳優を起用したことが話題(反発も)を呼んだ(プロデューサーの関弘美と「ご近所物語」までキャスティング協力していた青二プロダクションとの軋轢が原因とされるテンプレート:要出典)。
なお、『ママレード・ボーイ』から続いたラブストーリー系のアニメ枠(いわゆる『トレンディーアニメ』)は今作で終了。『夢のクレヨン王国』から低年齢向けのアニメが再び放送され、現在に至っている。

スタッフ 編集

キャスト 編集

※いずれも声の出演

音楽 編集

  • オープニング主題歌:菊田知彦『普通の日曜日に』
作詞:佐藤ありす 作曲:TSUKASA 編曲:西本明
  • エンディング主題歌(1~32話):菊田知彦『ケンカのあとで…』
作詞:里乃塚玲央 作曲:TSUKASA 編曲:西本明
  • エンディング主題歌(33~51話):CaYOCO『届くかな』
作詞・作曲:CaYOCO 編曲:井上日徳

サブタイトル 編集

  • 第1話 「宣戦布告」
  • 第2話 「ノーブランドの女!」
  • 第3話 「傷ついたりしない!」
  • 第4話 「パンピーな二人!」
  • 第5話 「彼とあたしとアイツ」
  • 第6話 「一夜のシンデレラ」
  • 第7話 「恋のアタミナイト」
  • 第8話 「新学期の悪夢!!」
  • 第9話 「道明寺 司・キレル!」
  • 第10話「すべてを捨てる女性」
  • 第11話「愛は大空の彼方へ」
  • 第12話「デ-ト!? 雪の表参道」
  • 第13話「はやすぎる恋の展開」
  • 第14話「桜子の隠された秘密」
  • 第15話「とっとと消えな!!」
  • 第16話「あたしを信じて!」
  • 第17話「やっとつかまえた」
  • 第18話「俺とつきあわない?」
  • 第19話「さざめく胸の小鳥」
  • 第20話「裏切りの暑い夜」
  • 第21話「キスと罪と罰」
  • 第22話「戸惑いの初デート」
  • 第23話「道明寺椿あらわる!」
  • 第24話「愛の嵐!学園追放!?」
  • 第25話「二人・それぞれの愛」
  • 第26話「眠れない二人の夜!」
  • 第27話「道明寺、N.Yへ!!」
  • 第28話「つくし、カナダへ!!」
  • 第29話「アイツのぬくもり!」
  • 第30話「友だち、いらない?」
  • 第31話「衝撃!二度目の赤札」
  • 第32話「道明寺は・・・来ない?」
  • 第33話「いつか笑える日」
  • 第34話「俺の大事な女です!」
  • 第35話「恋の逃避行!?」
  • 第36話「司の母の密かな企み」
  • 第37話「仕組まれた対決!」
  • 第38話「調教してあげる!!」
  • 第39話「魔のトライアングル」
  • 第40話「恋の引き際・分岐点」
  • 第41話「新しい日々の始まり」
  • 第42話「バッタリ!Wデート」
  • 第43話「心の傷は深くて重い」
  • 第44話「おまえじゃダメだ!」
  • 第45話「素直になれば?」
  • 第46話「ハリケーン接近中!!」
  • 第47話「転校生・滋の波紋!」
  • 第48話「留学するしかない?!」
  • 第49話「二人の新しい関係」
  • 第50話「もうおしまいにしよ」
  • 第51話「ネバーエンディング」

アニメ映画 編集

『花より男子』
1997年、東映アニメフェア内で上映
舞台は日本ではなくアメリカ、NY。
ブロードウェイでの人気スター・道明寺司をはじめとするF4、一方つくしは雑用係をしながらミュージカルスターを目指している研修生という設定。主役の座を巡って三条たちと熾烈な戦いが起きるかと思えば、新進気鋭の作曲家・花沢類に想いを寄せたりと、ミュージカル仕立ての完全オリジナルストーリー。ちなみに桜子の声優である櫻田実果子は宍戸留美の別名義(TV版の同じ時間枠で放映された「ご近所物語」の主人公から取った名義)。

スタッフ 編集

  • 製作:高岩淡、泊懋
  • 編集:花井正明
  • 企画:関弘美(東映動画
  • 監督:山内重保
  • 作画監督:近藤優次、松本朋之
  • 助監督:長峯達也
  • 脚本:影山由美
  • 原作:神尾葉子集英社「マーガレットコミックス」刊)
  • 撮影:吉野和宏
  • 音楽:大島ミチル
  • 美術監督:ゆきゆきえ
  • 録音:川崎公敬

キャスト 編集

テレビドラマ(台湾版) 編集

流星花園を参照。

テレビドラマ(日本版)編集

第1シリーズ 編集

2005年秋季(10月~12月)にTBS金曜ドラマ枠(金曜日22:00~22:54)で放映。10月21日スタート、12月16日終了。秋クールNo.1ヒットとなり、また平均視聴率も2005年放送全ドラマの中で4位を記録した。

キャスト 編集
スタッフ 編集
音楽 編集
  • 2作ともロングヒットとなり、共にオリコンで1位を獲得している。
    • 主題歌:WISH』(ジェイ・ストーム)
作詞:久保田洋司 作曲:オオヤギヒロオ 編曲:CHOKKAKU
作詞・作曲:愛 編曲:Ikoman/愛
放送日・サブタイトル・視聴率編集
放送日サブタイトル脚本演出関東地区視聴率関西地区視聴率瞬間最高視聴率
12005年10月21日宣戦布告!!お金より絶対に大切なモノ藤本有紀石井康晴18.3%14.5%23.1%
22005年10月28日最悪のファーストキス!!高橋ナツコ山室大輔19.3%19.6%23.0%
32005年11月4日涙!!サヨナラ大好きなヒトサタケミキオ片山修20.5%19.7%24.6%
42005年11月11日初めての朝帰り!?サタケミキオ石井康晴20.7%21.1%23.9%
52005年11月18日命がけの愛の告白藤本有紀山室大輔19.0%19.7%22.2%
62005年11月25日大波乱一触即発の三角関係サタケミキオ片山修19.7%20.0%21.9%
72005年12月2日バトルF4解散!!藤本有紀石井康晴17.3%15.5%20.7%
82005年12月9日いざ女子高生日本一決定戦サタケミキオ片山修19.9%21.3%22.1%
92005年12月16日最高のラストプレゼントサタケミキオ石井康晴22.4%22.5%25.7%

平均視聴率19.8%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)

第2シリーズ編集

先述の通り、第1シリーズはわずか9話という短い内容だったため、続編を望む声なども大きかった。そこで、要望に答える形で、続編「花より男子2(リターンズ)」が2007年1月5日から3月16日まで前回と同じ金曜ドラマ枠で放映された(初回は21:00~23:09、最終回は22:00~23:09の拡大版)。全11話。 番組ホームページで見たい原作のエピソードを募るなど、視聴者参加型となり、10月下旬より撮影が始まり、11月下旬にはNYロケを敢行した。12月6日の記者会見では、松本潤松田翔太阿部力の日本チーム、井上真央小栗旬のNYチームに分かれ、同局初の日本=NY間の衛星同時中継による会見が行われた。

3月9日にはプロム(卒業式の後に開かれる記念のダンスパーティ)のシーン撮影のため、一般のエキストラ1万2千人をHPで募集し、日本武道館にて撮影が行われた。応募した人数は10万人以上。

第2シリーズからのキャスト編集
3年C組
スタッフ 編集
音楽 編集

  作詞:SPIN 作曲:youth case 編曲:mugen

放送日・サブタイトル・視聴率 編集
各話 放送日サブタイトル脚本演出関東地区
視聴率
関西地区
視聴率
瞬間最高
視聴率
第1話2007年1月5日あれから1年…今夜遂に復活!!
今度の舞台はニューヨーク!!
大波乱の恋と友情の新展開
つーかハッピーエンドじゃなかったの!?
サタケミキオ石井康晴19.4%20.7%21.6%
第2話2007年1月12日最強のライバルサタケミキオ石井康晴20.1%19.6%22.3%
第3話2007年1月19日ばいばいバカ男サタケミキオ坪井敏雄19.2%19.9%22.2%
第4話2007年1月26日命がけの修羅場サタケミキオ坪井敏雄23.1%20.6%27.4%
第5話2007年2月02日おまえが好きだサタケミキオ石井康晴20.3%19.5%23.4%
第6話2007年2月09日告白は大波乱!!サタケミキオ三城真一21.0%20.1%24.0%
第7話2007年2月16日一期一会の初恋サタケミキオ武藤淳21.0%21.1%22.1%
第8話2007年2月23日四角関係の決着サタケミキオ石井康晴22.7%20.8%26.3%
第9話2007年3月02日切ない雨の別れサタケミキオ石井康晴22.3%20.8%24.7%
第10話2007年3月09日消えた思い出サタケミキオ坪井敏雄21.9%21.1%25.0%  
最終話2007年3月16日史上最高のプロポーズサタケミキオ 石井康晴27.6%26.0%32.3%

平均視聴率21.6%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)

その他 編集
  • 今作品で脚本を手掛けているサタケミキオは俳優の宅間孝行であり、加藤たか子演じる団子屋の女将・千石幸代が「かつて愛した男」としても出演していた。
  • 道明寺司役の松本潤と花沢類役の小栗旬は2003年に放送された「ごくせん」で共演している(このドラマでの2人の役柄は、花より男子で演じている役柄とまったく逆になったといえる)。
  • TBS系列のない秋田県福井県では、秋田テレビが3月10日より12:30~1:30、福井放送が5月5日より1:30~2:24の間で放送している。また、徳島県では四国放送では放送されておらず、沿岸部でも毎日放送が視聴することもある。
  • 他局のフジテレビやテレビ東京の番組中でも花より男子の特集が組まれた。
  • 関東では第1シリーズ終了後の2006年夏には第1シリーズが再放送され、第2シリーズ終了後の2007年夏には両シリーズの再放送が早くもされた。また、2006年12月25日(クリスマス)に放送され、花男チームとして主要キャストが出演した関口宏の東京フレンドパークIIもファンの要望により、関東・関西地区で2007年夏に再放送された。
  • 7月11日発売のセル DVD-BOX「花より男子2(リターンズ)」の初回出荷数が国内ドラマジャンルでは、過去最高記録である62,500セットとなった。
  • 2008年夏に『花より男子〜ファイナル〜』として映画化されることになった。
  • ジャニーズ事務所肖像権の管理の都合上、ドラマ版の公式HPの松本の写真は原作の道明寺のイラストに差し替えられている。
  • JUNON」では、松本潤に対する取材、撮影が禁じられているため、松本を除いて「F3」という形で取材を行った。
  • 「花より男子2」が2007年度「年間ドラマ満足度ランキング」の1位に輝いた。(オリコン)
  • 2008年2月現在、公式サイトのアクセス数が4億ビューを突破している。「花より男子2」放送時、TBS自体のHPのサーバーを吹っ飛ばしたこともあるテンプレート:要出典
  • また第1シリーズからファイナルまで一貫して主題歌は、挿入歌は女性ソロアーティスト(大塚愛宇多田ヒカルaiko)が手掛けている。

実写映画 編集

1995年版(東映版) 編集

『花より男子』
1995年8月19日公開、東映フジテレビ制作・楠田泰之監督・梅田みか脚本。

当時の人気アイドルを主演に迎えた「ぼくたちの映画シリーズ」第1弾として制作された。

【一般市民(パンピー)】のつくしが【高飛車(タカピー)】の人間が集う大学に入ってしまい、F4などとの奮闘記が描かれている。作品中で道明寺と結ばれ、ダンスライブ(TRFが出演)のエンディングで物語が完結している。

併映作品は金持ちお嬢様が主人公の『白鳥麗子でございます!』で、内田有紀松雪泰子(『白鳥麗子でございます!』主演)を並べてパンピー・タカピーと対比させた広告が展開された。

キャスト 編集
音楽 編集
作詞・作曲:小室哲哉

2008年版(東宝版) 編集

2008年6月28日公開予定、東宝TBS制作・石井康晴監督・サタケミキオ脚本。

内容はTBS系列で放送されたドラマシリーズの続編。

小説版(ノベライズ) 編集

コバルト文庫から15巻まで発行されている。作者は竹内志麻子(現在の岩井志麻子)が担当。上記の日本版テレビドラマ開始時に再版された。

ゲーム 編集

『花より男子 -恋せよ女子(おとめ)!-』

キャスト 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:前後番組

テンプレート:先代次代2

テンプレート:花より男子 テンプレート:TBS系金曜ドラマ (1989年以降)

de:Hana Yori Dango (Manga)es:Hana yori dango fr:Hana yori dango it:Hanayori Dango ko:꽃보다 남자 ms:Hana Yori Dango pt:Hana yori dango sv:Hana Yori Dango

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は花より男子にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。