FANDOM


資金源強奪(しきんげんごうだつ)は、ふかさくきんじ監督・東映製作で1975年6月21日に公開された日本映画。大金を奪い合う悪党たちの様子をコミカルに描く。同時上映は、小平裕監督、三東ルシア主演の『青い性』。

北大路欣也梅宮辰夫川谷拓三室田日出男らが出演しているほか、松方弘樹山城新伍カメオ出演的に助演していることで知られる。

監督は深作欣二が担当したが、本作では平仮名ふかさくきんじ名義になっている。これは配給会社との対立によるもので、犯罪を扱う内容が反社会的とみなされるのを恐れて劇中に刑法の条文を挿入させたことへの反発とも、単に殺人的スケジュールや低予算(本作の後番組として公開されたのは、オールスターキャストのパニック超大作『新幹線大爆破』であった)に対する抗議とも言われる。

スピーディーな展開、クールでコミカルなタッチ、さらにはハートウォームな要素もあり、熱心なファンが多く「隠れた傑作」との呼び声も高いが、何度かオンエアされてはいる(地上波を含む)ものの、いまだにソフト化されておらず、発売が待たれている。

テンプレート:ネタバレ

ストーリー編集

敵対する暴力団の組長を射殺し、8年間の刑務所生活を送ったやくざ・清元武司。 獄中でひそかに、自らの属する羽田組から大金を強奪する計画を練っていた清元は出所後、刑務所仲間の別所鉄也・小出熊吉とともに組の集会を襲撃し、まんまと3億5千万円を手に入れた。羽田組は停職中の悪徳刑事・能代文明を雇って犯人を追跡させようとするが…

スタッフ編集

キャスト編集

関連項目編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は資金源強奪にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki