FANDOM


赤い鯨と白い蛇』(あかいくじらとしろいへび、英題:A Red Whale and a White Snake)は、日本映画2006年11月25日より岩波ホールを皮切りに全国順次公開された。

あらすじ編集

老境を迎えた雨見保江は、孫娘・明美に連れられて息子夫婦の家に向かう途中、まるで引き寄せられるかのように、かつて戦時中に疎開していた館山の古い茅葺きの家を訪れた。そこには、この家の持ち主である女性・光子が、小学生の娘・里香と二人、姿を消した夫を待ちながら暮らしていた。まもなく、詐欺まがいのセールスをして逃げ回っている美土里も現れる…。海辺の町の古い茅葺きの家に集まった五世代の女性たちは、そこでお互いの人生を交差させながら、胸の内の切なる想いを今一度見つめ直していく。「私のことを忘れないでくれ」。青年士官と交わした保江の少女時代の約束。年老いて失われつつある記憶の中、必死にその約束の内容をたぐり寄せようとする保江。そして保江を取り巻く女性たちは、ある出来事を境に自分に正直に生きようと思いはじめる…。

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は赤い鯨と白い蛇にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki