FANDOM


テンプレート:文学赤穂浪士』(あこうろうし)は、大佛次郎による長編時代小説。『東京日日新聞』に連載、1928年改造社刊。

元禄赤穂事件を題材としており、それまで主君の仇をとる「義士」として捉えられていた47人を、幕府や時代に抗う「浪士」として描いている。忠臣蔵の代表的作品で、映像化回数は多い。

特徴編集

元禄赤穂事件を架空の浪人・堀田隼人の視点を通して描いている。隼人は、お仙や盗賊・蜘蛛の陣十郎らとともに事件の影で暗躍する。このため、本作の主人公はあくまでも堀田隼人であるが、映像化の際は大石内蔵助が主役になっている事が多い。また、多くの忠臣蔵ものの作品で、千坂兵部が大石のライバル役として登場する事が多いのは、本作でそのよう描かれ方をしたのが広まったためとされる。

主な登場人物編集

  • 堀田隼人
  • 蜘蛛の陣十郎
  • おせん

映像化リスト編集

映画編集

テレビドラマ編集


テンプレート:Lit-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は赤穂浪士 (小説)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki