FANDOM


足にさわった女(あし-女)は沢田撫松の『足にさはつた女』を映画化した映画である。1953年に市川崑監督で東宝が製作した。さらに1960年大映増村保造監督によってリメイクされた。


キャスト 編集

スタッフ 編集

あらすじ 編集

休暇中の大阪警視庁の刑事五平太は女スリの跡をつけて東京行の特急列車に乗った。 テンプレート:節stub


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は足にさわった女にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。