FANDOM


足にさわった女
監督 市川崑
製作 藤本真澄
脚本 和田夏十、市川崑
出演者 池部良越路吹雪山村聡
音楽 黛敏郎
主題歌 足にさわった女
配給 東宝
公開 1952年
  

足にさわった女(あし-女)は沢田撫松の『足にさはつた女』を映画化した映画である。1953年に市川崑監督で東宝が製作した。さらに1960年大映増村保造監督によってリメイクされた。


キャスト 編集

スタッフ 編集

あらすじ 編集

休暇中の大阪警視庁の刑事五平太は女スリの跡をつけて東京行の特急列車に乗った。 テンプレート:節stub


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は足にさわった女にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki