FANDOM


転校生
監督 大林宣彦
製作総指揮 佐々木史朗
製作 森岡道夫
大林恭子
多賀祥介
脚本 剣持亘
出演者 尾美としのり
小林聡美
撮影 阪本善尚
配給 松竹
公開 1982年4月17日
上映時間 112分
製作国 日本の旗日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
allmovie
IMDb
  
転校生-さよなら あなた-
監督 大林宣彦
製作 黒井和男
脚本 剣持亘
内藤忠司
石森史郎
南柱根
大林宣彦
出演者 蓮佛美沙子
森田直幸
撮影 加藤雄大
配給 角川映画
公開 2007年6月23日
上映時間 120分
製作国 日本の旗日本
言語 日本語
  


転校生』(てんこうせい)は、1982年昭和57年)に公開された日本の映画山中恒の児童文学『おれがあいつであいつがおれで』の映画化作品。2007年に、リメイク版が公開された。ロケを行った土地にちなみ、1982年版を「尾道転校生」、2007年版を「長野転校生」と呼び分ける向きもある。

概要 編集

この映画が製作された当時、監督をつとめた大林宣彦は「CMディレクター出身の新進気鋭の映画監督」という位置づけであり、すでに監督経験はあったものの名声や地位が十分に確立されていたとはいえなかった。また、主演の尾美としのり小林聡美もほとんど無名の俳優であり、さらに、「男と女の身体が入れ替わる」という内容が、当初は出資を決めていた会社(「学用品関連」とのこと)の内部で「破廉恥である」と問題になり、出資が中止される等、制作費の調達などは極めて厳しい状況だった(大林自著の「日日世は好日 巻の2」に詳しい)。大林は「一時期はクランクアップが危ぶまれるところまで追い込まれた」と述べている。

公開後、地味だが極めて良質の映画という評価がなされ、参加スタッフ・出演俳優の代表作になった。また、その後の大林作品と組み合わせて「尾道三部作[1]と呼ばれるようになり、広島県尾道市を観光都市として世に知らしめる[2]ことになった。1980年代の日本映画界を代表する映画のひとつと評され、更に地元との協力関係の中で映画を作るという手法も注目を集め、それはその後全国各地のフィルム・コミッション誕生へとつながっていった。「転校生」は、さまざまな意味で日本の映画制作の流れにも大きな影響を与えた。

  1. 尾道市でロケーションを行った本作『転校生』のほか、『時をかける少女』(1983年)、『さびしんぼう』(1985年)の三作を大林「尾道三部作」と通称する。
  2. 大林自身が、しばしば講演等で述べているところによれば、本作品に出てくるのは「観光名所」や「近代的に開発された町並み」などではなく、「近所の民家」やら「路地裏」など、尾道のそのままの姿である。そのため尾道における完成披露の際には、「尾道の恥ずかしいところばかり映している」等と、きわめて評判が悪かった、とのことである。

ストーリー 編集

テンプレート:ネタバレ 明るくクラスの人気者である斉藤一夫。彼のクラスにある日転校生がやってくる。その転校生とは、実は幼いころ近所に住んでいた、幼馴染の斉藤一美だった。

一夫と一美は、学校の帰り道、ちょっとした弾みで一緒に石段を転げ落ちてしまう。それによって二人の身体と心は入れ替わってしまっていた。つまり一夫の体に一美の心が、一美の体に一夫の心が入ってしまったのである。

帰宅してからそのことに気付いた二人は、自分たちの身に起こったことに戸惑いながらも、ともかくそれぞれ相手になりきって生活を続けることにした。しかし、当然男の子が女の子の生活に、女の子が男の子の生活に、そう簡単に馴染むことができるはずもなく、二人は勝手がわからない中でそれぞれに苦労しながら、協力し合い、助け合って乗り越えていく。そうするうちにいつしか二人の心には、他のだれにも理解できない絆が生まれてきていた。

そんなある日、一美のかつてのボーイフレンドであり憧れの人である山本弘が、一美を訪ねて、以前一美が住んでいた町からやってくることになった。それを聞いた一美は、一夫に自分の気持ちを話し、弘との間がうまくいくよう協力を頼んだ。

最初はしおらしく女の子らしい演技をしていた一夫だったが、次第に地が出てきてしまう。心配で二人のデートについてきた一美は、そのことに我慢できなくなり、ついには泣き出してしまった。

そんな二人を見た弘は、二人の間の見えない絆の存在に気付き、二人を励ましながら自分の町に帰って行った。

そしてついに、二人が恐れていたことが起きてしまった。一夫の家が、仕事の都合で引越しをすることになり、尾道を離れなければならなくなったのである。このまま二人は入れ替わったまま、それぞれの生涯を過ごさなければならないのか。思いつめた二人は、ついに家出をしてしまう・・・ テンプレート:ネタバレ終了

出演者 編集

スタッフ 編集

  • 製作:佐々木史朗
  • プロデューサー:森岡道夫
大林恭子
多賀祥介
日本アート・シアター・ギルド

受賞歴 編集

新人俳優賞:尾身としのり、小林聡美
新人賞:小林聡美
作品賞:転校生
脚本賞:剣持亘
最優秀新人賞:小林聡美

転校生-さよなら あなた- 編集

1982年公開の『転校生』のリメイク版。監督は同じく大林宣彦。舞台は長野県長野市に変更されている。蓮佛美沙子の初主演作品となる。2007年6月23日公開。上映時間120分。 テンプレート:SpoilerH 1982年版が原作のほぼ忠実な映画化だったのに対して、本作の、特に後半部分は原作と全く異なる展開となっている。 テンプレート:SpoilerF

スタッフ 編集

キャスト 編集

ビデオ 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

《転校生》はいかにして生まれたか
寄稿 映画作家、大林宣彦さん《転校生》が生み出したもの
寄稿 原作者、山中恒さん《転校生》あれから二五年


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は転校生 (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki