FANDOM


近頃なぜかチャールストン
監督 岡本喜八
製作 岡本喜八
佐々木史朗
脚本 岡本喜八
利重剛
出演者 利重剛
財津一郎
小沢栄太郎
音楽 佐藤勝
撮影 加藤雄大
編集 阿良木佳弘
配給 ATG
公開 1981年12月19日 日本の旗
上映時間 117分
製作国 日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
  


『近頃なぜかチャールストン』(ちかごろ - )は、1981年に公開された日本映画。喜八プロ・ATG制作、ATG配給で、監督は岡本喜八

軽妙なタッチの中に、戦争への批判、戦前派・戦中派の心境、日本の平和呆けへの戒めを込めた喜劇作品。

制作資金の不足からセットが組めなかったため、岡本監督の自宅がそのまま撮影に使用されている。

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ 不良少年の小此木次郎は、婦女暴行未遂を働いて留置場に放り込まれた。留置場には、日本人であることを捨てた、自称「ヤマタイ国」の閣僚を名乗る6人の老人たちがいて、彼らは日本の国会議事堂に表敬訪問に訪れた際、無銭飲食で捕まったのだった。翌朝、次郎と老人たちは釈放されるが、「ヤマタイ国」が気になる次郎は彼らの住処を訪れ、「不法入国」で捕まってしまう。スパイ容疑による死刑を何とか免れた次郎は、「ヤマタイ国」の労働大臣(雑用係)に任命され、老人たちとの奇妙な共同生活を始める・・・。

スタッフ 編集

キャスト 編集


テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は近頃なぜかチャールストンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki