FANDOM


テンプレート:Infobox animanga/Header テンプレート:Infobox animanga/Novel テンプレート:Infobox animanga/Movie テンプレート:Infobox animanga/Footer テンプレート:文学

野火』(のび)は、大岡昇平小説。1951年、「展望」に発表。翌年に創元社から刊行された。作者のフィリピンでの戦争体験を基にする。死の直前における人間の極地を描いた、戦争文学の代表作。読売文学賞受賞作。

題名の「野火」とは、春の初めに野原の枯れ草を焼く火のこと。

あらすじ編集

太平洋戦争末期の日本の劣勢が固まりつつある中でのフィリピン戦線が舞台である。 主人公田村は肺病のために部隊を追われ、野戦病院からは食糧不足のために入院を拒否される。現地のフィリピン人は既に日本軍を抗戦相手と見なす。この状況下、米軍の砲撃によって陣地は崩壊し、全ての他者から排せられた田村は熱帯の山野へと飢えの迷走を始める。 律しがたい生への執着と絶対的な孤独の中で、田村にはかつて棄てた神への関心が再び芽生える。しかし彼の目の当たりにする、自己の孤独、殺人、人肉食への欲求、そして同胞を狩って生き延びようとするかつての戦友達という現実は、ことごとく彼の望みを絶ち切る。 ついに「この世は神の怒りの跡にすぎない」と断じることに追い込まれた田村は「狂人」と化していく。

映画 編集

1959年には大映で映画化された。角川エンタテインメントからDVDが発売されている。

スタッフ 編集

キャスト 編集

関連項目編集


テンプレート:Lit-stub テンプレート:Movie-stubfr:Nobi

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は野火 (小説)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。