FANDOM


金子 修介(かねこ しゅうすけ、1955年6月8日 - )は、日本映画監督東京都渋谷区出身。東京都立三鷹高等学校東京学芸大学卒業後、にっかつロマンポルノで監督デビューし、後に一般映画に転向する。また、大学卒業時に小学校教員国語科教員免許を取得している。

1995年、『ガメラ 大怪獣空中決戦』で映画芸術誌邦画ベスト10で第1位、1996年に『ガメラ2 レギオン襲来』で第17回日本SF大賞を受賞。

略歴 編集

父は、「アメリカはベトナムから手を引け」等の反戦ゼッケンを、8年もの間、胸に付けて通勤し続けた金子徳好、母は、切絵作家の金子静枝である。

東京学芸大学では、映像芸術研究会に所属。押井守の直接の後輩にあたる。商業デビューは、押井の手がけていた『うる星やつら』テレビシリーズ版第3話の脚本(1981年)だった。また、劇作家・演出家・俳優の野田秀樹とは渋谷区立幡代小学校の同学年。

ロマンポルノでは山本奈津子イヴ水島裕子かとうみゆき、一般映画では深津絵理小沢なつき中山美穂宮沢りえ斉藤由貴織田裕二佐伯日菜子らなどから、最近では優香上戸彩藤原竜也まで、いわゆるアイドル映画を多く撮り、コメディ要素やマニアックな部分を交えながらも商業作品として成立させ、映画監督としての地位を築いた。

ゴジラvsモスラ』の大森一樹監督の降板の際には自ら監督立候補するなど、怪獣映画を作ることに関心を寄せ、『ガメラ 大怪獣空中決戦』の成功で一躍怪獣映画の第一人者になった。

評価等 編集

アイドル映画及び漫画が原作の作品を多く手がけているが、これはデビュー以後の時代的背景もあり、またそれを商品としてヒットさせるだけの力量が認められていたからとも言える。それゆえか『学校の怪談3』『あずみ2 Death or Love』『神の左手悪魔の右手』など、シリーズや他の監督の仕事を引き継ぐこともある。

にっかつ時代の『みんなあげちゃう』(1985年)にはウルトラの母(ヒロインが女としての悩みを打ち明けるイメージシーンに登場、本人曰く「菩薩の象徴」)を出したりと彼のマニアックさが垣間見られるが、『1999年の夏休み』や『ウルトラQ dark fantasy』の「綺亞羅」などには耽美的なセンスもみられ、独特の個性が窺える。『ゴジラ』・『ガメラ』という、怪獣映画の2大シリーズを撮った唯一の監督でもあり、『ゴジラVSガメラ』を撮るとしたら、最適任は彼だと言われている。

彼のメッセージとして、『ウルトラマンマックス』の劇中でソフトビニール人形を使い、子供の遊びとしてゴジラ対ガメラを模写している。このシチュエーションは既に『ゴジラシリーズ』『ガメラシリーズ』両方で描写され、『ゴジラシリーズ』では『ゴジラ FINAL WARS』で亀のソフトビニール人形を子供が火の中に入れてしまうという場面があり、それを遡る事24年前の『宇宙怪獣ガメラ』でゴジラを皮肉ったシーンがあった。これに対し、『ウルトラマンマックス』内では金子は喧嘩両成敗として双方を怪獣の餌食にしている。

卒業旅行 ニホンから来ました』の撮影終了後、前作からコンビを組んでいた主演の織田裕二について『シナリオ』誌において痛烈に批判したことがある。『ガメラ』の撮影では、自衛隊の全面協力を受け、自衛隊の干渉を受けているとして左翼派メディアから非難された。しかし彼自身は「日本の自衛の為には憲法九条一項の戦争放棄は守るべきだが二項の戦力の保持は改正が必要」とする持論があり、自衛隊のメディア戦略なども理解している。そして自らを批判した左翼派メディアを、著書の中で非難している。ただし、『ガメラ』で自衛隊の干渉により(絵コンテは描かれていた)ギャオスによる戦闘機の撃墜シーンが映像化出来なくなった件に関しては、後に『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』で実在しない防衛軍を設定し、その戦闘機が住宅地へ墜落、火災発生というシーンを映像化してみせた。

「女優を魅力的に撮れる」という理由でオファーされたという『デスノート』では週間集客ランキング1位を記録。さらに海外でも評価を受けており、漫画原作という題材自体が成功し辛いことも考えると、映画としては成功させたと言える。そして後編の『デスノート the Last name』は前編以上の大ヒットを記録し、人間ドラマを重視した演出・脚色は原作ファンからも好評を博した。

撮影監督高間賢治とは10作品以上で組んでいる。

作品 編集

映画 編集

テレビアニメ 編集

テレビドラマ 編集

演劇 編集

PV 編集

著作 編集

  • ガメラ監督日誌(1998年)
  • 失われた歌謡曲(1999年)

関連項目 編集

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は金子修介にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。