FANDOM


阿修羅のごとく(あしゅらのごとく)は、向田邦子脚本のNHKドラマ1979年放映。2003年に映画化。2004年に舞台化。

概要 編集

テンプレート:ネタバレ ある日、四姉妹の父親に愛人とその子供がいることが判明。母親に知られないように対応に気遣うが、自分たち自身の複雑な状況もあり、それぞれ対応に悩み、ぶつかり合う。「家族」「女性」を中心に人間模様が書かれた作品。

テレビドラマ 編集

1979年1月にNHK総合「土曜ドラマ 向田邦子シリーズ」で3話放送。続編をパート2として1980年1月~2月に4話放送。

キャスト 編集

スタッフ 編集

映画 編集

2003年11月公開。監督は森田芳光。NHKドラマのパートIIまでを一つにまとめたストーリーになっている。テレビドラマで次女を演じていた八千草薫が母親役。エンディングと本編中に流れるフレンチ・ジャズ「ラジオのように」が印象的。

キャスト 編集

スタッフ 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

舞台 編集

2004年に初めて舞台化され、芸術座博多座で上演された。

キャスト 編集


テンプレート:Tv-stub テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は阿修羅のごとくにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki