FANDOM


青い山脈(あおいさんみゃく)は石坂洋次郎原作の日本映画である。1949年・1957年・1963年・1975年・1988年の5回製作されたが最も名高いのは1949年の今井正監督作品である。主題歌の『青い山脈 』は日本映画界に於いて名曲中の名曲ともいえる作品である。(当該の項も参照。)また作中のラブレターで「戀(恋)しい戀しい」というところを「變(変)しい變しい」と誤記してしまうエピソードは名高い。

1949年版 編集

正続2編。東宝松竹が映画化権を争い、松竹が木下惠介監督を提示したことから東宝側は負けるのを覚悟したが最終的には東宝が映画化権を獲得。途中に東宝争議があり、プロデューサーの藤本真澄は東宝を退社して藤本プロを設立する。この時期機能が麻痺していた東宝では各プロデューサーの独立プロにスタジオを貸す方式をとっており、本作は藤本プロと東宝の共同作品となる。著作権の保護期間が終了したと考えられることから現在激安DVDが発売中(但し監督没後38年以内なので発売差し止めを求められる可能性あり)。

あらすじ 編集

テンプレート:ネタバレ

スタッフ 編集

キャスト 編集

1957年版 編集

「新子の巻」と「雪子の巻」の正続2編。東宝製作。

スタッフ 編集

  • 監督:松林宗恵
  • 脚本:井手俊郎
  • 音楽:服部良一

キャスト 編集

1963年版 編集

日活製作。本作では時代に合わせて設定を女学校から女子高校に、旧制高校生から大学生に変更した。

スタッフ 編集

キャスト 編集

1975年版 編集

東宝製作・配給。

スタッフ 編集

キャスト 編集

1988年版 編集

タイトルは「青い山脈'88」。松竹配給。

スタッフ 編集

キャスト 編集

テンプレート:Movie-stub


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は青い山脈 (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki