FANDOM


馬鹿が戦車でやってくる(ばかがたんくでやってくる)は、1964年に、松竹により制作、公開された山田洋次監督、ハナ肇主演の映画。團伊玖磨の小説『日向村物語』を原案にした「馬鹿シリーズ」第三弾。團伊玖磨は音楽も担当している。

中華人民共和国共産主義プロパガンダ映画のパロディとも受け取れる内容であるため、評価が分かれるきらいはあるものの人気が高い。

登場した旧陸軍の戦車(タンク)は、新潟県にあった雪上車を300万円で改造したものであった。

ストーリー編集

テンプレート:ネタバレ 昔、日永村の村はずれに、乱暴者の少年戦車兵上がりの男、サブが耳の遠い母親・とみと、頭の弱い弟・兵六と一緒に暮らしていた。村中から嫌われていたが、長者・仁右衛門の娘・紀子だけはサブの味方だった。紀子の全快祝いの日、サブは仁右衛門から追い出され、暴れ回り、警察に送られる。サブがいない間に村会議員の市之進はとみをだまし、サブの土地を巻き上げる。帰ってきたサブは怒り、隠していた戦車を運転し、村中を暴走させ、村人たちを恐怖のどん底にたたきこむ。そのとき、兵六が火の見櫓から落ちて死んでしまう。それを知ったサブは兵六の死体を戦車に乗せ去っていく。

スタッフ編集

  • 制作:脇田茂
  • 原案:團伊玖磨
  • 脚本・監督:山田洋次
  • 撮影:高羽哲夫
  • 美術:佐藤公進
  • 音楽:團伊玖磨

キャスト編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は馬鹿が戦車でやってくるにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki