FANDOM


馬鹿まるだし(ばかまるだし)は、1964年松竹が制作、公開した山田洋次監督の映画。「馬鹿シリーズ」の第一弾。山田洋次作品に欠かせない存在となる俳優のハナ肇撮影監督高羽哲夫と組んだ最初の作品である。

ストーリー編集

テンプレート:ネタバレ 瀬戸内の小さな町、シベリア帰りの安五郎が淨念寺に転がり込み、住職の妻夏子に一目惚れ。やがて町のボスとなった安五郎は労働争議を解決するなど大活躍する。しかし、町の勢力を反対派に握られ、人々の目は冷たくなっていき、淨念寺にも出入り禁止となってしまう。そんな折、誘拐事件が起こる。名誉挽回のチャンスだと誘拐犯を追いかけた安五郎だったが・・・

スタッフ編集

キャスト編集

外部リンク編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は馬鹿まるだしにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki