FANDOM


テンプレート:文学魔界転生』(まかいてんしょう)とは大阪新聞1964年12月から翌年2月まで連載され、1967年に単行本化された山田風太郎の伝奇小説作品、及びその作品中に登場する秘術の名。またこの小説を原作とした映画マンガ演劇アニメゲーム作品も指す。

当初『おぼろ忍法帖』の題で連載され、単行本化した時もそのままであったが、1981年の最初の映画化の際に、作者・山田風太郎の意向で現在の題になった。

原作小説 編集

文庫版は角川文庫富士見時代小説文庫、講談社文庫から刊行されている。

森宗意軒という怪老人と出会った由比正雪は、紀州徳川頼宣とともに江戸幕府、将軍徳川家光の天下を奪わんとする企てを進めていた。森宗意軒は、自らが編み出した忍法「魔界転生」によって、剣豪たちを意のままになる部下として生まれ変わらせてゆく。これは人並みはずれた技量と、死の直前になっても自分の人生に悔いを残している強烈な生の欲求を持つ人間が、死の直前に心から愛しいと思う女と交わることにより、新たな肉体と生前より優れた技量を持って生まれ変わる忍法であった。

「魔界転生」で蘇る剣豪達は転生衆と呼ばれる。天草四郎時貞荒木又右衛門、居合の田宮坊太郎宝蔵院流槍術宝蔵院胤舜、尾張柳生流柳生如雲斎、江戸柳生流の柳生宗矩宮本武蔵ら名だたる剣豪たちが転生した。しかし、森宗意軒にはもう一人、どうしても魔界転生させたい男がいた。その男こそ柳生十兵衛である。ところが十兵衛は宗意軒の意に反し、関口柔心の息子、関口弥太郎などとともに転生衆と戦うことを選ぶ。

なお、転生衆に倒された剣豪には、田宮平兵衛、関口柔心、木村助九郎がいる(彼らの娘や孫娘を救う、仇をとるというのが十兵衛の動機のひとつになっている)。小説中では十兵衛が自分一人の力で敵を倒すことはほとんどなく、誰かしらかの力を借りているのも特徴である。なお、天草四郎は映画版一作目で敵方の総大将として描かれた影響か、後のマンガ作品などでも扱いが大きい事が多いが、原作小説中では宗意軒の愛弟子ではあるものの転生衆の一人に過ぎず、中盤で十兵衛によって倒されている。

映画版 編集

1981年版 編集

スタッフ編集

キャスト編集


なお本作品は"Samurai Reincarnation"のタイトルでアメリカでもカルト的な人気を呼び、クエンティン・タランティーノらに影響を与えた。

続編を期待させるような終わり方だったが、結局続編が制作される事はなかった。

1996年版 編集

スタッフ編集

キャスト編集

オリジナルビデオでの製作で、The ARMAGEDDONというサブタイトルがつく。本作は2部構成となっている。第一部の正編に続き、妖怪たちとの対決を描く第二部の魔道変まで。

2003年版 編集

スタッフ編集

キャスト編集

舞台版 編集

今までの映画版と違い、かなり原作に近いものに仕上がっている。ただし従来の映画版と同じく、敵方の総大将を天草四郎時貞にするなどの流れは受け継いでいる。

アニメ版 編集

1998年、OVAとしてアニメ化。「地獄篇 第一歌」「地獄篇 第二歌」の2作があるが、未完(当初は4巻の予定だったが、制作取り止めとなった。同時期に起こった猟奇殺人事件の影響ともいわれる)。

漫画版 編集

  • 石川賢版 『魔界転生』(石川賢の個性的なアレンジで全くの別物に仕上がっている)
  • とみ新蔵版 『魔界転生』 (ほぼ忠実な漫画化)
  • 鳥羽笙子版 『魔界転生―夢の跡』 (少女漫画)
  • 九後奈緒子版 『魔界転生―聖者の行進』 (少女漫画)

ゲーム版 編集

PS2用ゲームソフト DVDROM 『魔界転生』 D3パブリッシャー いわゆるローグライクゲーム

関連項目 編集



テンプレート:Manga-stub テンプレート:Video-game-stubfr:Samurai Resurrection

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は魔界転生にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki