FANDOM


テンプレート:文学鹿鳴館』(ろくめいかん)は三島由紀夫戯曲

概要 編集

1956年文藝春秋の文芸雑誌「文學界」12月号に発表。鹿鳴館を舞台に明治時代に生きる華族の愛憎を描いた。同年11月27日文学座創立20周年記念に第一生命ホールにて初演。

劇団新派、最近は劇団四季のレパートリー演目として定着している。

1970年NHKによって岩下志麻主演でドラマ化、1986年東宝によって菅原文太主演で映画化(市川崑監督)、2008年テレビ朝日によって田村正和主演でドラマ化された。

テレビドラマ 編集

テンプレート:ドラマ

1961年版 編集

テンプレート:節stub


1970年版 編集

テンプレート:節stub

2008年版 編集

テレビ朝日開局50周年記念番組として、同局系列で、2008年1月5日の21:00〜23:09(JST)に放送された。視聴率12.2%。

出演 編集

スタッフ 編集

遅れネット局 編集

映画 編集

東宝配給で1986年9月20日に公開された。上映時間は125分。

キャスト 編集

スタッフ 編集

外部リンク 編集


テンプレート:Lit-stub テンプレート:Theat-stub テンプレート:Tv-stub テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は鹿鳴館 (戯曲)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。