FANDOM


テンプレート:文学黄泉がえり』(よみがえり)は、梶尾真治小説。 タイトルは、死んだ人が黄泉(よみ)から帰って来るという意味であり、「蘇り」という言葉の語源である。 熊本県阿蘇地方で突如発生した、死んだはずの人が蘇ってくるという超常現象をベースに、人々の絡み合いを描いている。

この作品は、熊本日日新聞土曜夕刊に、1999年4月10日から2000年4月1日までの約1年間連載されたものである。 新聞連載時にはSF色を排除した構成になっているが、これは一般夕刊紙である事を意識したものと考えられている。 単行本(『黄泉がえり』 新潮社 2000年10月 ISBN 4-10-440201-X)として刊行される際に、“彼”に関する記述が加えられた。

同じ状況設定で別の視点による短編として『黄泉びと知らず』(『黄泉びと知らず』所収 新潮社文庫 2003年7月 ISBN 4-10-149006-6。文庫用書き下ろし)がある。 また、台湾の出版社より『黄泉歸來』のタイトルで中国語訳が出版されている。

映画編集

2003年日本映画2003年1月18日 全国東宝系公開。興行収入は 32億円。当初は3週間のみの公開予定だったが、好評を博し、上映期間が延長された。

2008年ドリームワークスが権利を取得し、リメイク版の製作を発表。公開時期は未定。

あらすじ編集

熊本県阿蘇地方で死んだ人が蘇るという超常現象が起こる。厚生労働省職員の川田は、現象の謎を探るため、自分の生まれ故郷でもある現地に向かう。幼馴染の葵に会い、一緒に調査を進める。ラーメン屋、学校、聾唖学校など様々なところで起こる「ヨミガエリ」。愛する人が生き返って喜ぶ人もいれば戸惑う人もいる。そして、川田は葵の死んだ恋人を蘇らせようと努力するが・・。

スタッフ編集

キャスト編集

主題歌編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は黄泉がえりにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki