FANDOM


黒い雨
監督 今村昌平
製作 飯野久
脚本 今村昌平
石堂淑朗
出演者 田中好子
北村和夫
市原悦子
三木のり平
音楽 武満徹
撮影 川又昂
編集 岡安肇
配給 東映
公開 日本の旗1989年5月13日
アメリカ合衆国の旗1989年9月17日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
allcinema
IMDb
  

黒い雨』は、1989年5月13日に公開された日本映画1965年に出版された井伏鱒二の小説『黒い雨』の映画化。

日本国外でも Black Rain という題名で上映されたが、同名の米国映画とは一切関係はない。あえてモノクロフィルムで撮影を行い、重松の被爆シーンや爆心地に転がる黒焦げの焼死体を、CGを用いずにセットや小道具だけの撮影で現実と見紛うほど極めてリアルに再現している。特に悲劇のヒロイン矢須子に扮した主演の田中好子の熱演は高く評価された。原爆の恐怖と悲劇を観る者に強く印象付けた日本映画の傑作である。

キャッチコピー編集

  • 死ぬために、生きているのではありません。
  • 体の中で、戦争は続いています。

スタッフ編集

あらすじ編集

登場人物編集

幼き頃から叔父である重松夫婦に引き取られて育てられた20歳の少女。直接被爆はしていないが、瀬戸内海を渡る小舟の上で、黒い雨を浴びた。
矢須子の叔父。横川駅の列車内で被爆するが、かろうじて頬の火傷の軽傷で助かる。
矢須子の叔母。被爆時は家中にいたが家の倒壊もなく無傷で済む。迷信深い性格。
重松の母。農地解放によって土地を手放す事になったショックで認知症が始まり、矢須子を娘の清子と間違えている。

未公開シーン編集

劇場公開された版やビデオ版ではトラックで矢須子が病院に運ばれる様子を重松が眺める場面でエンドロールとなるが。DVDのデジタルニューマスター版では矢須子が生き延びて、原爆投下から20年後に、四国の霊場を巡礼として歩く原作には無いエピソードを19分のカラー映像として描かれている。これは今村監督が、当初付け加える予定で撮影された物だが、今村監督が、迷いに迷った末、完成された『黒い雨』から削除した物である。その未公開カラー部分の深さは、神が人間を見守る様な視線で主人公と戦後の日本人を描いている。

テンプレート:先代次代

逸話編集

庄吉役の小沢昭一は、この映画の撮影時に転落事故を起こし左手手首を骨折した。そのため映画では原作には無い設定(庄吉は原爆投下の際腕に大怪我を負ってしまい、それを隠すために常に包帯を巻いている)というオリジナルの設定が加えられた。小沢は最初から最後まで左手にギプスをはめた状態で演技をしている。



テンプレート:Navigation2

テンプレート:Movie-stub

de:Schwarzer Regen (Film)et:Must vihm (Jaapani film) fr:Pluie noire

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は黒い雨 (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki