FANDOM


『AA』は、2006年日本映画青山真治が監督を務めている。

概要編集

フリー・ジャズインプロヴィゼーションプログレッシヴ・ロックなどを積極的に日本に紹介し、1978年に32歳という若さで死去した音楽批評家間章(Aida Aquirax)について、彼とゆかりがあったミュージシャン、批評家など12人のインタビュー(+2人のライブ)で解き明かし、彼が生前最後に着目していたインプロヴィゼーションの過去・現在・未来を俯瞰するという趣向のドキュメンタリー映画。

制作期間5年近く、7時間以上という超大作にも関わらず、大友良英灰野敬二のスタジオ・ライブが挟まれたり、編集の妙で、出演者が擬似論争をするなど、ある程度のお遊びで、長いという感じは意外としない。

作品内で「生きているデレク・ベイリー」についてのコメントがあるが、皮肉な事に、ベイリーはこの映画の公開前年に死去している。

本編 編集

  • 第1章 時代の未明から - 54分
  • 第2章 反復する未明 - 77分
  • 第3章 非時と廃墟そして鏡 - 81分
  • 第4章 僕はランチにでかける - 77分
  • 第5章 この旅には終わりはない - 79分
  • 第6章 来たるべきものへ - 75分

キャスト 編集

テンプレート:Movie-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はAA (映画)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。