FANDOM


GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(ゴーストインザシェル / こうかくきどうたい)は、1995年11月公開の日本の劇場用アニメ映画Production I.G 制作。原作は士郎正宗漫画攻殻機動隊』。監督は押井守

概要 編集

漫画の1巻を基に制作されている。日本になじみの薄いSF小説的な内容のため、日本での興行成績はいまひとつだったが、アメリカではビルボード誌のビデオ週間売り上げ1位を記録(1996年8月24日付)するなど、海外で高い評価を受け、日本への逆輸入という形で日本でも評価されるようになった。また、ウォシャウスキー兄弟製作の映画『マトリックス』に多大な影響を与えた。原作漫画と違い、全体的にダークなイメージが強いのは、押井守が非常にフィルム・ノワール(暗黒映画)の影響を受けているためである。全世界でのビデオ・DVDの売上は130万本を記録した(日本経済新聞 2002年7月21日付 朝刊)。続編は2004年公開の『イノセンス』である。

2008年6月9日に押井の新作映画『スカイ・クロラ』上映記念として本作のリニューアル版『攻殻機動隊2.0』の上映が報道された。

なお、ゲーム作品の『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』は、キャストが全く別で、内容も本作より原作に近い。

テンプレート:ネタバレ

あらすじ 編集

他人の電脳をゴーストハックして人形のように操る国際手配中の凄腕ハッカー、通称「人形使い」が入国したとの情報を受け、公安9課は捜査を開始するが、人形使い本人の正体はつかむことが出来ない。

そんな中、政府御用達である義体メーカー「メガテク・ボディ社」の製造ラインが突如稼動し、女性型の義体を作りだした。義体はひとりでに動き出して逃走するが、交通事故に遭い公安9課に運び込まれる。調べてみると、生身の脳が入っていないはずの義体の補助電脳にはゴーストのようなものが宿っていた。

キャスト 編集

スタッフ 編集

受賞歴 編集

  • 1995年 第5回東京スポーツ映画大賞 (作品賞、主演女優賞。国内の映画賞で主演女優賞がアニメのキャラクターというのは極めて異例)
  • 1997年 第4回ジュラルメール・ファンタスティック映画祭 (FESTIVAL DE GERARDMER FANTASTIC ARTS) ノミネート
  • International Fantasy Film 最優秀フィルム賞

外部リンク 編集

テンプレート:攻殻機動隊


テンプレート:Movie-stub cs:Ghost in the Shell (film)fi:Ghost in the Shell – aaveääni fr:Ghost in the Shell (film) hr:Duh u oklopu (1995) it:Ghost in the Shell (film)

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はGHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki