FANDOM


HANA-BI
監督 北野武
製作 森昌行
鍋島寿夫
吉田多喜男
脚本 北野武
出演者 ビートたけし
岸本加世子
大杉漣
寺島進
音楽 久石譲
撮影 山本英夫
編集 北野武
太田義則
配給 日本ヘラルド映画
公開 1998年1月24日
上映時間 118分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
興行収入 1億2千万円
allcinema
キネマ旬報
allmovie
IMDb
  

HANA-BI』(はなび)は、1998年公開の日本映画。製作会社はバンダイビジュアルオフィス北野TOKYO FMテレビ東京。監督、脚本、編集、挿入画、演出は北野武。主演はビートたけし岸本加世子。妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描いたヒューマンドラマ。第54回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞ならびに第41回ブルーリボン賞作品賞受賞作品。ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した日本映画は「無法松の一生」以来40年ぶり。

あらすじ編集

不治の病に冒された妻(岸本)を見舞っていた西(たけし)は同僚の堀部(大杉漣)が張り込み中に犯人(薬師寺保栄)に撃たれたとの知らせを聞く。堀部は命こそ取り留めたものの二度と歩くことのできない体になってしまった。西らはその後犯人を追い詰め、捕らえようとするも犯人が銃を乱射、部下の田中(芦川誠)が犠牲になってしまった。大切なものが次々と失われていく中、西はある決意をすると同時に堀部は残りの人生を絵画に捧げた・・・。

スタッフ編集

  • 監督・脚本・編集・挿入画:北野武
  • 音楽:久石譲
  • プロデューサー:森昌行 ほか

キャスト編集

受賞/ノミネート編集

備考編集

北野の代表作で、日本を含め世界各国で数々の賞を受賞した。フランスの映画批評誌『カイエ・デュ・シネマ』で北野が表紙を飾った特集が組まれたことや、ヨーロッパでは大学の卒業論文に北野映画の研究を取り上げる学生もいたなど『キタニスト』と呼ばれる熱烈なファンも登場した。海外主要映画賞の受賞をきっかけに、北野に対する日本での評価が手のひらを返すように一変テンプレート:要出典。興行面でも、配給網がぜい弱な松竹系から、足かせのない独立系制作へ移行し、商業的成功と無縁だった状況が好転する事になった。



テンプレート:Movie-stub

de:Hana-Bies:Flores de fuego fi:Hana-Bi – tulikukkia fr:Hana-Bi it:Hana-bi - Fiori di fuoco pl:Hana-bi ru:Фейерверк (фильм)

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はHANA-BIにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki