FANDOM


テンプレート:Otheruses

OUT』(アウト)は桐野夏生小説1998年日本推理作家協会賞を受賞した。テレビドラマ化、映画化、舞台化された。

小説 編集

東京郊外の弁当工場を舞台に、深夜パートの主婦たちの現状からの脱出をテーマにしている。香取雅子42歳はリストラ亭主と家庭内離散、吾妻ヨシエ51歳は痴呆症の義母介護、城之内邦子40歳はカード破産、山本弥生30歳はギャンブル狂亭主から受ける暴力と、それぞれ4人は悩みを抱えていた。そんな中、弥生が夫を殺したのを期に、4人が複雑に絡み合っていく。

テレビドラマ 編集

1999年フジテレビにて放送。タイトルは「OUT ~妻たちの犯罪~」。ドラマ版のオリジナルキャラクターとして、飯島直子演じる婦人警官、井ロ則子が登場する。

キャスト 編集

映画 編集

2002年に公開。基本的な設定は残しているが、ブラジル国籍外国人労働者、宮森カズオが一切登場しないなど、原作とは違った展開となっている。

アカデミー賞の最優秀外国語映画賞に日本代表作品としてノミネートされた。

舞台 編集

2000年新宿スペース・ゼロにて初演。最も原作に近いとされる。この公演で演出の鈴木裕美が第35回紀伊國屋演劇賞個人賞、第8回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞、主演の久世星佳が第8回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞した。これを受け、2002年PARCO劇場で再演された。

外部リンク 編集

テンプレート:Lit-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はOUTにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki