FANDOM


PATLABOR LIVE ACTION MOVIE』(パトレイバー・ライブ・アクション・ムービー)は、押井守が監督で制作する予定の実写映画企画である。

概要 編集

G.R.M. THE RECORD OF GARM WAR(ガルム戦記)』が凍結された後、押井が『Avalon』の企画を出した際に、同時に構想された企画である。押井守が監督、演技が全くの素人のスタッフが出演し、デジタルビデオカメラで撮影された『PATLABOR LIVE ACTION MOVIE』という題のパイロットフィルムが存在する。正式名は不明。NHKの番組やイベントなどで見ることができた他、現在はその一部を『機動警察パトレイバー ~ゲームエディション~』や『機動警察パトレイバー DVDメモリアルBOX』の特典映像として見ることができる。

当初、押井はこの作品を撮りたがっていたようであったが、バンダイビジュアルの社員に「今時パトはないでしょう」と言われ、この企画はあっさりと潰れた。数年後、スタッフにこの企画について聞かれたときに「パトはもういいよ」と言ったことから、『ガルム戦記』とは違って、すでに諦めているようである。

予定されていたスタッフ 編集

テンプレート:機動警察パトレイバー


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はPATLABOR LIVE ACTION MOVIEにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki