FANDOM


TAKESHIS'
監督 北野武
製作 森昌行
吉田多喜男
脚本 北野武
出演者 ビートたけし
音楽 NAGI
撮影 柳島克己
編集 北野武
太田義則
公開 2005年11月5日 Flag of Japan
上映時間 107分
製作国 日本
言語 日本語
興行収入 3億円
allcinema
IMDb
  

TAKESHIS'』(タケシズ)は、北野武が監督を務めた12作目の日本映画2005年11月5日公開。

概要 編集

その実験的手法は賛否両論を巻き起こしている。たけし曰く「100人の評論家が見て、7人しか分からない映画」。2005年のベネチア国際映画祭で監督名も作品名も事前に伏せて初上映された。また公開前の情報が全く無かったことについて「内緒で撮っていた」とも語っていた。

映画のアイデアは自身が監督を務めた『ソナチネ』の頃から温めていたらしく、仮タイトルはフラクタルタクシー運転手を主人公とした映画にするつもりだった。

また、京野ことみのヌードシーンも一部で話題になった。

幻覚的な、奇妙な描写が多い。 インタビューで北野武は、「『TAKESHIS'』はひょっとしたら、『武、死す』かもしれない」とも語った。

あらすじ 編集

北野は役者をしているが全く売れずコンビニの店員をしながら生計を立てている。一方顔が北野と瓜二つのビートたけしは芸能界の大物として裕福な生活を送っている。ある日二人は顔を合わせるが、その日を境に北野はビートたけしの演じる映画の世界へと迷い込んでいく。

配役 編集

スタッフ 編集

キャッチコピー 編集

  • 500% KITANO
  • たけしがたけしを演じる
  • 「たけし」が「たけし」に出会う

受賞 編集

リンク 編集

関連項目 編集

テンプレート:Movie-stub

de:Takeshis’fr:Takeshis' it:Takeshis' pl:Takeshis'

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はTAKESHIS'にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki